1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. 犬ってホントは
  5. 犬の熱中症、エアコンが効いた車の中でも要注意|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.139

犬が好き

UP DATE

犬の熱中症、エアコンが効いた車の中でも要注意|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.139

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いぬのきもちWEB MAGAZINE」が送る連載、家庭犬しつけインストラクター西川文二氏の「犬ってホントは」です。
暑い夏、飼い主さんが最も気をつけたいのが、犬の熱中症。西川先生は、エアコンが効いた車の中でさえ危険!と警告を鳴らします。先生自身が行っている、車の熱中症対策をご紹介します(編集部)。


猛暑日続きのち、梅雨明け宣言があったと思ったら、雨続き。そしてまた猛暑の今日この頃。
いやぁ、異常です、今年は。
これからの夏本番、熱中症に対する注意報が連日出されることは、想像に難くありません。

そういえば聞くところによると、某大手ペット保険会社では「犬の熱中症週間予報」なるものを行っているそう。
「そう」という表現をしたのは、予報はInstagram、Twitter、FacebookといったSNSアカウントを通して配信していて、私そうしたものをやっておりませんで、ゆえに、自分では見ることができないから。
さて話の流れから、今回は熱中症の話だろうと察しはつくかと思いますが、『いぬのきもち』本誌の方でも「熱中症」の特集は組まれているので、熱中症のお話の多くはそちらに譲るとして、ここでは私自身の犬の熱中症対策、それも車におけるものを紹介いたしましょう。

お散歩における熱中対策はこれ。胸と両脇腹、三箇所に保冷剤を入れるポケットのついている、クールベスト
Can! Do! Pet Dog School

エアコンが効いている車内でも危ない

炎天下で車の中に犬を残すなどということをなさる読者は、よもやいないとは思いますが、エアコンが効いた車内でも熱中症になった例はあります。
人間にとって快適な室内の体感温度。その環境で30分車を走らせた。目的地に到着し犬をクレートから出そうとしたら、犬がぐったりしている。動物病院が近くにあったので駆け込んだところ、熱中症という診断。そうした事例が実際にあるのです。
エアコンが効いていても、クレートに日光がずっと当たっていれば(例えば進行方向左側、助手席にクレートを位置させ、日の高い時間帯真西に走る場合など)、クレート内の温度は人間の体感温度とは異なります。
なら、クレートに入れなければいい……いやいや、クレートは車内での犬の安全を確保するためには欠かせません。
であれば行うべきは、クレート内の温度上昇を防ぐ何かしらの工夫、となります。
私の場合、後部座席およびワゴンスペースのウィンドウには遮光・遮熱率の高いフィルムを施しています(クレートは後部座席およびワゴンスペースに位置させている)。
加えてエアコンの風がワゴンスペースにも回るように、小型のファンを回しています。
それでも足りないと思える暑さの場合は、保冷剤をクレートの屋根に乗せるようにしています。

小型ファンと保冷剤における、若干の欠点と注意点

車のクレートの暑さ対策としてはおすすめの「小型ファン」と「保冷剤」ですが、コレ、若干の欠点と、注意点が。
まずは、保冷剤。いわゆる結露が、クレート内の天井に発生します。犬の頭が天井に触れれば、頭が濡れることになる。
小型ファンのほうは、車にセキュリティアラーム機能がついている場合は注意が必要です。
実は私、小型ファンを今年からサイズアップいたしまして……問題が発生したのです。
動物病院に行ったときのことです。病院前の駐車場に停め、犬を降ろし待合室にいたら、ピーピーピーというアラーム音(馬鹿でかい音)がどこからか。なんだろうと思ったら、どうも私の車のセキュリティアラームが鳴っているよう。
車に戻りキーのロック解除をすると、アラーム音は鳴り止む。誤動作かと思って、待合室に戻るとまたアラーム音が。

小型ファン取りつけ位置、スイッチの切り忘れにご注意を

何が原因だったかというと、後部座席ウィンドウ上部のアシストグリップに位置させていた小型ファンの振動。
車にもよるのでしょうが、私の車は、エンジンを切ってもしばらくは、電源ソケットに電気がしばらくは流れている。小型ファンの電源は電源ソケット経由のUSBからとっていたので、車から離れてもしばらくはファンが回り続けていたのです。
試しに、ファンのスイッチを切ったら、アラームは鳴らなくなりました。
小型ファンの振動を、何者かの後部ドアからの侵入?とアラームのセンサーが勘違いをしたのではなかろうか。
アラームが鳴ったとき、目の前の駐車場に車があったのでよかったのですが、これがホームセンターの駐車場などだったらと思うと。いやぁ、考えただけでも……です。
おそらく館内放送なんかで呼び出されるのでしょうね、きっと、たぶん。
ということで、以上くれぐれもアラームの誤動作にはご注意、いや熱中症にはくれぐれもご注意を、というお話でした。

後部ドアのアシストグリップ部分につけている小型ファン。ファンの振動で、後部ドアを何者か侵入しようとしていると勘違い?
Can! Do! Pet Dog School

文/西川文二
写真/Can! Do! Pet Dog School提供
https://cando4115.com/

西川文二氏 プロフィール

公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定家庭犬しつけインストラクター。東京・世田谷区のしつけスクール「Can! Do! Pet Dog School」代表。科学的理論に基づく愛犬のしつけ方を提案。犬の生態行動や心理的なアプローチについても造詣が深い。著書に『子犬の育て方・しつけ』(新星出版社)、『いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間 』(サイゾー)、最新の監修書に『はじめよう!トイプーぐらし』(西東社)など。パートナー・ドッグはダップくん(17才)、鉄三郎くん(12才)ともにオス/ミックス。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る