1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. 犬ってホントは
  5. 行政に寄せられる、犬に多い苦情3つ|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.62

犬が好き

UP DATE

行政に寄せられる、犬に多い苦情3つ|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.62

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いぬのきもちWEB MAGAZINE」が送る連載、家庭犬しつけインストラクター西川文二氏の「犬ってホントは」です。
今回は、犬に多い苦情に関するお話。飼い主さんにとってはドキッとする話題ですが、今回はその中でも非常に苦情の多い「吠え」について、西川先生が掘り下げます。吠えにもさまざまな種類があり、愛犬に当てはまる「吠え」があったら要注意です(編集部)


ウンチの放置と放し飼い、そして吠え。
この3つ、行政に持ち込まれる犬に関わる苦情のトップ3です。
北海道から沖縄まで、行政の依頼で犬のしつけの講演に出向いておりますが、私の経験上、どの地域でもこのトップ3は変わりません。
ウンチの放置と放し飼い、この2つはモラルの問題で、しつけのトレーニングとは直接関係ありません。

しつけに関わるのは、「吠え」です。
さて人間も犬も同じですが、しつけとは「将来の起こり得る可能性のある問題を予防するために必要なこと」、といえます。
このコロナ禍、犬を飼い始める人が増えているそうでして、ご自身の犬が苦情の元にならないように、ここはひとつしつけをしっかり行って、将来の起こり得る可能性のある問題の芽を摘み取っておきましょう。

北海道から沖縄まで、どこの行政でも犬に対する苦情トップ3は同じだった
Can! Do! Pet Dog School提供

吠えには2種類ある

犬は、①結果的にいいことが起きるか、②嫌なことがなくなるか、このどちらかの行動を習慣化していきます。
そして、前者①の代表は「要求吠え」、後者②は「警戒吠え、追っ払い吠え」です。

前者①の要求吠えが起きやすい(習慣化させやすい)飼育環境があります。
それは、サークル内にトイレとベッドを配置する、という飼育環境(サークル飼い)です。
トイレのしつけもうまくいかないそうした飼育環境を、なぜペットショップ等がすすめるのかに関しては過去のコラムをご参照していただくとして、サークル飼いが要求吠えを習慣化する理由を、ここではお話しします。
それは飼い主の動きが駄々見えだから。

特に成長期の犬は、脳の活動の揺らぎから生じる、いろいろな試し行動を行います。試しに飼い主を見て吠えてみた、結果飼い主が注目してくれた(=いいことが起きた)。
こうしたことの繰り返しで、やがて要求吠えに悩まされることになるのです。
ではどうしたらいいか。

相手をする時間と、休ませる時間のメリハリをつけ、休ませるとき(相手にしないとき)は、飼い主の姿が見えないよう掛け布をかけたクレート(箱型のハウス)で休ませることです。
こうすることで、要求吠えの習慣化は防げるのです。

サークル飼いは犬の要求吠えを習慣化づける飼育方法
Can! Do! Pet Dog School提供

警戒吠え、追っ払い吠えを防ぐためには

後者②の警戒吠え、追っ払い吠えは、その対象に慣らすことです。慣れていれば、追い払う必要もなくなるからです。
具体的には来訪者に慣らす、外の音に慣らす、ということになります。
犬は警戒心が強い動物です。だからゆえ、日本では近年まで番犬として重宝されてきたわけです。
とはいえ、警戒心よりも好奇心が上回っている時期(社会化期)が、その成長期においては存在します。
その社会化期に、来訪者、来る人来る人からフードをもらうことです。
「家にやって来る人はすべて自分にとっていいことをもたらす」→「いいことをもたらす相手を追い払う必要はない」→「結果追っ払い吠えが起きない」、ということになるのです。
音に対しての慣らしも必要です。いろんな音を録音して、鳴らしてはフードをあげる。まずは室内の音に慣らして、外の音にも慣らしていく。

確実なオイデができるようトレーニングする

上記の対応を(社会化を)十分に行っても、警戒吠え、追っ払い吠えをゼロにすることができない、そうした犬も存在します。
一旦吠えるようになってしまった犬の吠えをゼロにするのは厄介かもしれません。ただ、苦情にならない程度に吠えをコントロールすることは可能です。

具体的には、オイデをしっかり教えることです。
苦情になる吠えは、制御できない吠えです。
ワンワン、と数回吠えてもそれで収まるのなら、苦情には至らないのが一般的です。
オイデが確実にできれば、「ワンワンワン→オイデ→飼い主の元へ」と、吠えは制御できるということです。

思えば、犬はつい最近まで、特に日本では吠える習性をありがたがられていたわけで、それがいつかしら「吠えるな」となって……いやはや犬からすれば、たまったものではないでしょうな。
つくづく人間ってのは、身勝手な動物ということです。

オイデに反応して飼い主の元に戻ってくれば、吠え続けることはない
Can! Do! Pet Dog School提供

文/西川文二
写真/Can! Do! Pet Dog School提供
https://cando4115.com/index.html

西川文二氏 プロフィール

公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定家庭犬しつけインストラクター。東京・世田谷区のしつけスクール「Can! Do! Pet Dog School」代表。科学的理論に基づく愛犬のしつけ方を提案。犬の生態行動や心理的なアプローチについても造詣が深い。著書に『イヌのホンネ』(小学館新書)、『いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間 』(サイゾー)、最新の監修書に『はじめよう!柴犬ぐらし』(西東社)など。パートナー・ドッグはダップくん(15才)、鉄三郎くん(11才)ともにオス/ミックス。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る