1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. お手入れ
  4. 歯磨き
  5. 愛犬の健康を守りたい!犬のデンタルケアにまつわるウソ・ホント

犬と暮らす

UP DATE

愛犬の健康を守りたい!犬のデンタルケアにまつわるウソ・ホント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飼い主さんのなかには、愛犬の歯のケアが苦手だというかたも多いのではないでしょうか。じつは3才以上の犬の約80%に、歯肉炎や歯周炎などの口内疾患が見られるといわれています。
そこで今回は、犬のデンタルケアにまつわるウソ・ホントについてご紹介します。正しい知識を深め、愛犬の健康を守りましょう!

犬の虫歯にまつわるウソ・ホント

蘭丸くん(チワワ)
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は虫歯にならないってホント?

「犬は虫歯にならない」──じつはこれ、ややホント
人の口内は酸性ですが、犬の口内や唾液はアルカリ性のため虫歯菌が繁殖しにくく、虫歯になりにくいといわれています。
また犬の歯はとがっているため、人の臼歯のようにくぼみに食べカスがたまりにくいことなどから、人と比べると虫歯になりにくいといえるでしょう。

歯みがきにまつわるウソ・ホント

もなかちゃん(柴)
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

歯みがき後のおやつはダメってホント?

「歯みがき後におやつをあげたら、歯みがきが台なしになる」──これはウソ
愛犬の歯みがきへのモチベーションをキープするために、ごほうびをあげることはとても有効です。

食べカスがロの中に残りやすいクッキーやボーロなどはさけ、噛まずに飲みこめるものやデンタルガム、犬用歯みがきペーストなどを活用するとよいでしょう。

犬は人の7倍のスピードで歯石になるってホント?

「犬は人の7倍のスピードで歯石になる」──これはホント
人の場合は歯垢が歯石化するのに約3週間かかるのに対して、犬の歯についた歯垢はたった3日で歯石になってしまうといわれています。

歯垢はブラッシングで取ることができますが、すでについてしまった歯石は歯料器具を使わないと取れません。歯石にならないよう、毎日の歯みがきが大切なんですね。

犬の歯にまつわるウソ・ホント

ジャビットちゃん(カニーンヘン・ダックスフンド)
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は歯を抜いても食べづらくないってホント?

「犬は歯を抜いても食べづらくならない」──これはホント
人は咀嚼しないと食べることができませんが、犬の食べ方はもともと丸飲み式のため、食べ物の大ききに気をつけてあげれば、歯はなくても変べられます。

つまり、歯を抜いてもQOL(生活の質)にはそれほど変化はありません。歯を抜くことよりも、歯周病を放っておくことのほうが悪影響だといわれています。

犬も歯の変色や口臭は当たり前ってホント?

「犬も年をとると、歯の変色や口臭は当たり前」──これはウソ
きちんとケアしていれば、年をとっても白いままで無臭です。
犬の歯は黄ばんでいで当たり前だとか、口臭があってもそれが犬のニオイだと思いこんでしまうと、愛犬の異変を見遇ごしてしまう場合も。

「○才だからこんな歯」という基準はありません。きちんとケアしていれば、シニアになっても白く健康な歯を保つことができます。

適切なデンタルケアで愛犬の健康を守ろう!

塁くん(柴)
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬のデンタルケアにまつわるウソ・ホントをご紹介しました。
歯みがきを怠りがちなかたも、不安があるかたも、この機会にぜひ正しいデンタルケアをおさらいしてみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2021年6月号『動物歯科医がアドバイス! 飼い主さんの失敗に学ぶ デンタルケアGUIDE』(監修:「石田ようこ 犬と猫の歯科クリニック」院長 石田陽子先生)
文/朱音
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る