1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しつけ
  4. 噛む
  5. 愛犬の噛みグセ、どう対応する?「楽しい」気持ちで人や家具をカミカミする犬の対策5選

犬と暮らす

UP DATE

愛犬の噛みグセ、どう対応する?「楽しい」気持ちで人や家具をカミカミする犬の対策5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子犬だったり、テンションが高くて元気のいい犬だったりすると、気持ちが高ぶって興奮したときに、ついまわりのものを噛んでしまうことがあります。
噛むことでエネルギーを発散させたり、本能的に噛んでしまったりするのです。

この状態を繰り返したり、何も対策せずにいると、将来的に本気噛みするようになるなど、困った噛みグセに発展する場合があります。

そのためには、「噛んではいけないものを噛ませない」対策をすることが重要です。
次から紹介する5つの対策を実践し、愛犬に噛みグセをつけないようにしましょう!

楽しい気持ちが高ぶると、犬は噛みがちに。(写真はイメージです)

対策1/興奮しすぎる前に遊びを中断する

フードやおやつのニオイをかがせて、遊びをいったん止めましょう。

飼い主さんと引っ張りっこなどで遊んでいるとき、楽しさのあまり興奮しすぎて激しく唸って首を振ったりするようになることが。
そのまま遊び続けると、飼い主さんの手に歯が当たる可能性があります。

そうなる前に、おやつやフードのニオイをかがせ、愛犬の口からおもちゃを離させましょう。
おもちゃを口から離したら、ほめてから、かがせたフードやおやつをごほうびとして与えます。


その後は、愛犬がオスワリをするまで、遊びを中断します。
自らオスワリして興奮を落ち着けたら、ごほうびとして再び遊んであげましょう!
「落ち着いていればまた遊んでもらえる」と愛犬に教えることにも役立ちます。

なかなかオスワリをしないなら、おもちゃを上に

おもちゃを愛犬の頭上に掲げると、お尻を床につけやすくなります。

遊びを中断したのち、なかなかオスワリしないのなら、おもちゃを愛犬の頭上に掲げてみて。
目線が上にあがることで、自然とオスワリの姿勢を促すことができます。

対策2/歩いているときに噛まれたら、無言で立ち止まる

多少痛くても我慢し、無言で立ち止まりましょう。

犬のエネルギーが有り余っていると、歩いている飼い主さんの足をおもしろがって噛むことがあります。
このとき、飼い主さんがすばやく足を動かしたり騒いだりすると、愛犬は余計に楽しくなってしまい、より激しく噛むようになってしまいます。

そこで、もし愛犬に足を噛まれたら、声を出さずにその場で立ち止まり、「無反応」を貫きましょう。
すると愛犬は、「足を噛んでも反応がなくてつまらない」と覚え、徐々に噛まなくなっていきます。

ちなみに、おもちゃを引きずって歩く手も

おもちゃにひもやロープをつけて引きずって歩けば、足を噛まれにくくなります。

歩いている飼い主さんの足を噛むことが習慣化しているようなら、おもちゃを引きずって歩くのも手です。
犬がおもちゃを追いかけてくれれば、足を噛まれるのを防げます。

対策3/噛まれたくないものに苦みスプレーをかける

愛犬が見ていないすきに、苦みスプレーをかけておきます。

テーブルやイスの脚、タンスの角、壁などを噛んでしまう場合、事前に「苦みスプレー」を吹きかけておきます。
スプレーがかかった家具を噛むと苦い味がするので、愛犬は「家具を噛むと苦い(嫌なことが起きる)」と学習。
以降、そこを噛まなくなります。

対策4/行動範囲を制限する

フェンスや柵で愛犬が行き来できる範囲を区切りましょう。

噛みグセがあるうちは、愛犬の行動範囲を制限するのが、噛ませないためにもっとも確実な手段です。
噛まれたら困る家具がある場所に愛犬が入れないよう、ペット用のフェンスなどを使って行動を制限しましょう。

対策5/噛ませていいものを与えて欲求を満たす!

たとえば、ゴム製のおもちゃを噛ませて、噛みたい気持ちを満たしてあげて!

噛むことを制限するだけでは、愛犬が元来もっている「噛みたい欲求」を満たせずにストレスがたまります。
すると、吠えなどの別の問題行動に発展する可能性が。
そのため、噛んでいいゴム製おもちゃや、噛んで味わう犬用ガム、噛んでも大丈夫な木製おもちゃなどを与えて、噛みたい欲求を満たしてあげましょう。

さらに、毎日散歩へ行く、いっしょにおもちゃ遊びをするなどして適切にエネルギーを発散させ、愛犬が「噛む」ことばかりに注力しすぎないようにしましょう。

いかがでしたか?
「楽しい!」という気持ちでまわりのものを噛んでしまうことは、まだ何とか直せる範囲の問題行動です。
今のうちに正しく対処することで、噛みグセのないコに育てましょう!


参考/「いぬのきもち」2021年3月号『犬の気持ちがわかれば吠え・噛み問題は解決できる!』(監修:Can! Do! Pet Dog School代表・西川文二先生)
写真/尾﨑たまき
文/h.taco

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る