1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 病気の兆候
  5. 犬の呼吸がいつもと違う?「息の音」でわかる病気

犬と暮らす

UP DATE

犬の呼吸がいつもと違う?「息の音」でわかる病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「愛犬の呼吸がちょっと変かも?」と気になったことはありませんか? その呼吸、そのままにしておくと、危険な病気が進行してしまうかもしれません。
ここでは「スース―」「ズーズー」という犬の息の音に潜む病気について解説します。

イラスト/umao

どこから出る呼吸音?

「スース―」「ズーズー」という呼吸音は、鼻腔から咽頭の鼻部が、なんらかの原因でせまくなったときに出る音。
口を閉じて息を吸っているときに出るのが特徴です。病変が出る場所によって、高音の「スース―」という音と低音の「ズーズー」という2種類の音があります。

疑われる病気1【鼻腔狭窄】

鼻の穴が狭いことが原因で呼吸困難になる病気

先天的な異常により鼻の穴が極度に狭くなり、呼吸がしにくくなる病気です。
とくにパグ、シー・ズーなどの短頭種がかかりやすいです。生活に影響がなければ様子を見ますが、重度の場合は、外科手術で鼻の穴を広げる手術を行います。
この病気はおもに呼吸音がサインになるので、短頭種の飼い主さんは、愛犬の呼吸音が気になったら早めに動物病院で診てもらうと、早期発見できるでしょう。

疑われる病気2【軟口蓋過長症】

のどの手前にある軟口蓋が伸びて、呼吸がしにくくなる病気

上あごから伸びたやわらかい部分(軟口蓋)が通常よりも伸びて、呼吸を妨げてしまう病気。先天的な要因で起こり、好発犬種はパグ、フレンチ・ブルドッグなどの短頭種です。
酸欠を起こすなどの問題があれば、伸びた軟口蓋を切除する手術を行います。短頭種を迎えたら、獣医師に病気の可能性がないか診てもらうと安心です。
また、肥満により症状が悪化することがあるので、太らせないように食事管理をしっかり行いましょう。

疑われる病気3【鼻の腫瘍】

イラスト/umao

鼻の中にがんなどの腫瘍ができる

鼻の中に腫瘍ができると、空気の通り道が狭くなり、呼吸音が変化することがあります。
鼻にできる腫瘍は、悪性腫瘍(がん)の確率が高いといわれているので、そのままにしておくと、どんどん進行し命にかかわることも。早めの発見がカギです。
呼吸音の変化のほか、長く続く鼻水、鼻血、クシャミ、鼻まわりの変形などもサインになります。毎日のスキンシップやお手入れの時間などに、そうしたサインが出ていないかチェックしましょう。

疑われる病気4【鼻腔内異物】

鼻の中に小石などの異物が入ってしまう

散歩中のニオイかぎなどで、鼻の中に小石や植物の枝や種などの異物が入りこむと、呼吸音が変わることがあります。
異物は自然に出てくることもありますが、大きさや入りこみ具合によっては動物病院での処置が必要になります。鼻腔内が切れて血が出たり、犬自身が鼻に違和感を覚えて前足でこすったりするなどのしぐさが見られることも。
呼吸音のほか、そうしたサインが見られたら獣医師に診てもらいましょう。

イラスト/umao

このほか、鼻炎、咽頭付近の腫瘍、肥満などでも「スース―」「ズーズー」といった呼吸音が聞こえることも。愛犬からいつもと違う呼吸音が聞こえたら、迷わず動物病院で受診して、病気の早期発見に努めましょう。

※呼吸音の感じ方には個人差があるため、必ずしもすべての犬に当てはまるとは限りません。

参考/「いぬのきもち」2021年5月号『犬の呼吸でわかる病気』(監修:JASMINEどうぶつ総合医療センター獣医師 新居康行先生)
イラスト/umao
文/sato

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る