1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 意外と知らない「犬のおやつの正しい与え方」 クッキーやジャーキーは?

犬と暮らす

UP DATE

意外と知らない「犬のおやつの正しい与え方」 クッキーやジャーキーは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主食のフードと違って、おやつは直接飼い主さんの手から食べさせるものが多いので、絆が深まるようでうれしくなりますよね。
しつけや写真・動画撮影などの場面でも、愛犬の好物のおやつは役立ってくれます。愛犬の健康維持のためには、主食の総合栄養食があればいいとはいえ、愛犬との生活を幸せにするためにも、おやつの存在は意外に大事。
すこやかな体を保つために、愛犬へ1日に与えていいおやつの量も知っておきましょう。獣医師の高﨑一哉先生(高円寺アニマルクリニック院長)にお話を伺いました。

1日に与えていいおやつの量って?

※各犬種・体格の1日に与えるフード(総合栄養食)の量の10%を、1日に与えてよいおやつの量として換算しています。
※1日のフードの量は、成犬用フードの平均的な量です。1日のおやつの量は体重により異なるため、1日に与えるフードの10%を目安に計算し、その分を引いた量のフードを与えてください。
※掲載している1日分の量は、そのおやつ1種類のみを与える場合の量です。2、3種類を与える場合は、合計の量が主食のフードの10%を超えないように気をつけましょう。

超小型犬(体重2kg未満)の場合

■おもな犬種:チワワ、ヨークシャー・テリア、マルチーズなど
■1日のフード量:約50g
■1日のおやつの量:約5g(体重2kgの場合)

小型犬(体重2kg~10kg未満)の場合

■おもな犬種:トイ・プードル、ミニチュア・ダックスフンド、ペキニーズなど
■1日のフード量:約80g
■1日のおやつの量:約8g(体重5kgの場合)

中型犬(体重10kg~25kg未満)の場合

■おもな犬種:アメリカン・コッカー・スパニエル、フレンチ・ブルドッグ、柴など
■1日のフード量:約150g
■1日のおやつの量:約15g(体重10kgの場合)

大型犬(体重25kg以上)の場合

■おもな犬種:ゴールデン・レトリーバー、バーニーズ・マウンテン・ドッグなど
■1日のフード量:約310g
■1日のおやつの量:約31g(体重25kgの場合)

おやつ別 おすすめシーンと与え方のポイント

【クッキー】

■おすすめシーン
・指示しつけの初期段階で何回もほめて覚えさせたいとき
・犬用ミルクなどでふやかして食欲がないときに少量食べさせる など

■与え方のポイント
・胃の中でふくらみやすいので、小さくして少しずつ与える
・スムーズに消化できるよう、水もいっしょに与える

【ドライさつまいも】

■おすすめシーン
・低カロリーでも満足感があるので、愛犬をダイエットさせたいとき
・彩りを生かし、特別な日の愛犬用ケーキの飾りに使いたいとき など

■与え方のポイント
・まるごと与えずに小さくして与える
・シニア犬の場合は、一度煮てやわらかくしても

【チーズ】

■おすすめシーン
・飲ませにくい錠剤などの薬を飲ませたいとき(チーズに包む)
・苦手なお手入れ中、ゴム製おもちゃなどに詰めておやつに集中させたいとき など

■与え方のポイント
・まるごと与えずに、少量ずつちぎって与える
・人用は塩分が高いので、必ず犬用チーズを選んで与える

【ジャーキー】

■おすすめシーン
・散歩中や外出先でとくに苦手な場所を歩かせたいとき
・アイコンタクトなど、集中したいしつけのとき など

■与え方のポイント
・やや消化しづらいので、小さくちぎって少量ずつ与えて回数で満足感アップ
・塩分が高めなので、1日分をちぎって容器に入れておき、与えすぎに注意

難しいことを教えるときや、外で練習する・ほかの犬がいるなど、愛犬が集中しにくいときに、嗜好性の高いおやつが役に立ちます。人用の食べ物は味つけが濃すぎるなどが多く不向きですが、ゆでた野菜や肉など、ヘルシーな食材をおやつに使ってもよいでしょう。

参考/「いぬのきもち」2021年11月号『適量・選び方・与え方がすぐわかる! おやつBOOK』(監修:高円寺アニマルクリニック院長 高﨑一哉先生)
写真/殿村忠博、尾﨑たまき、佐藤正之
文/sato

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る