1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 犬の歯は何本?「犬の歯の役割」を獣医師に聞いてみた

犬と暮らす

UP DATE

犬の歯は何本?「犬の歯の役割」を獣医師に聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬の歯の本数を数えてみたことはありますか?犬の歯は、乳歯と永久歯でその本数が異なります。犬の歯の本数を知っているとデンタルケアに役立つかもしれません。

いぬのきもち獣医師相談室の先生に「犬の歯の本数」について話を聞きました。

歯の本数は子犬と成犬で違う

犬の歯は何本?乳歯と永久歯の本数や歯の役割を獣医師に聞いてみた いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――犬の歯は通常何本あるものなのでしょうか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「子犬では切歯12本、犬歯4本、前臼歯12本、後臼歯0本、合計28本の乳歯があり、成犬では切歯12本、犬歯4本、前臼歯16本、後臼歯10本(永久歯の後臼歯のみ上顎4本、下顎6本)、合計42本の永久歯があります。」

犬の乳歯は生後4カ月頃から生え変わる

犬の歯は何本?乳歯と永久歯の本数や歯の役割を獣医師に聞いてみた いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――子犬の乳歯の生え変わりは生後いつ頃からはじまりますか?

獣医師:
「犬の永久歯は生後4カ月過ぎから生え始め、生後6~7カ月ごろには生え変わります。

犬が抜けた乳歯を飲み込んでしまう心配をされる方もいるようですが、犬が乳歯を飲み込んでもきちんと排泄物とともに排泄されるので大丈夫です。

犬の歯にはそれぞれ役割がある

犬の歯は何本?乳歯と永久歯の本数や歯の役割を獣医師に聞いてみた いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――犬の歯の種類について教えてください。

獣医師:
「犬の歯の種類は切歯、犬歯、臼歯に分けられます。

前歯を構成する切歯は獲物を掴み、鋭い犬歯は獲物をしとめ、のこぎり状の前臼歯は食べ物を丸のみできる大きさに噛み、後臼歯で骨や食物を砕く役割があります。」

歯が少ない欠歯や歯が多い過剰歯のケースもある

犬の歯は何本?乳歯と永久歯の本数や歯の役割を獣医師に聞いてみた いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――犬の永久歯が42本より少なかったり、反対に多い場合があるというのは本当ですか?

獣医師:
「本来あるべき永久歯の本数がない場合を欠歯といい、多い場合は過剰歯といいます。

欠歯の場合は、特に治療を行う必要はありません。過剰歯の場合は、噛み合わせに問題がないようであれば経過観察を行いますが、他の歯に問題を起こしたり口の粘膜に当たるなどのケースでは抜歯を行うことがあります。

また、過剰歯に似た状態として、乳歯がうまく抜けきらずに残り、永久歯とともに生えている乳歯遺残という状況もあります。

乳歯遺残では、不正咬合の原因になったり永久歯と乳歯の間に歯垢がついて歯周病になりやすくなるため、乳歯を抜歯する治療を行います。」

愛犬の口の中をチェックするのは難しいかもしれませんが、歯磨きをする際に歯の本数を数えてみてはいかがでしょうか。

監修:いぬのきもち獣医師相談室 担当獣医師
取材・文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る