1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の歯周病~症状から治療法、デンタルケアまで~

犬の歯周病~症状から治療法、デンタルケアまで~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯周病は犬がもっともなりやすい歯の病気。飼い主さんは“たかが歯周病”と軽視しがちですが、重症化すると犬がとても苦しい思いをすることも。また、歯周病から全身疾患を招くこともあります。歯周病についての正しい知識を身につけましょう。

歯周病は、歯垢や歯石が原因で歯ぐきや骨が炎症を起こす病気

歯周病とは、歯と歯ぐきの隙間に歯垢(しこう:口の中の細菌のかたまり)や歯石(しせき:歯垢が石灰化したもの)がたまり、歯ぐき(歯肉)や骨が炎症を起こす病気です。ほうっておくと、歯を支えるあごの骨が溶けて歯がグラついたり、抜けてしまうこともあります。さらに重症化すると、全身に細菌がまわり、ほかの臓器の疾患を招くケースもあります。

犬の様子やしぐさで歯周病の症状をチェック!

愛犬が歯周病になっていないか、定期的にチェックをしましょう。下に挙げた項目の中で愛犬に当てはまるものがあれば、歯周病(もしくはほかの歯の病気)の可能性大。早めに動物病院へ。
・ひどい口臭がする
・歯が黄色い、または茶色い
・歯垢や歯石が付いている
・歯ぐきが腫れている、歯ぐきから出血している
・前足で口をよくぬぐう
・顔を触られるのを嫌がるようになった
・頬や目の下が腫れている
・目の下に傷がある
・顔を傾けて食べるようになった
・食事中に奇声を発する
・以前より食事に時間がかかる
・フードや水をよくこぼすようになった
・フードを前にしても食べない
・片方の歯だけで噛んでいる

歯周病は、軽度なら歯石除去、重度なら抜歯で治療

症状が軽度なら、全身麻酔をかけ、歯石除去手術や歯周ポケットをきれいにする処置を行います。症状が進んでしまった場合は、抜歯手術を行うことも。犬はもともと人と違って食べ物を歯ですりつぶすことはほとんどせず、ほぼ丸飲みします。ですから、歯周組織に炎症が残っている状態より、抜歯をしたほうが痛みもなく元気に過ごせるようになります。

歯石除去手術の費用は1~7万円程度

歯石除去手術にかかる費用は動物病院によってまちまちです。症状にもよりますが、1~7万円程度で、重症の場合はもっとかっかることもあります。歯石除去手術にかかる時間は、軽い歯石付着なら1時間程度です。

歯周病の予防には日頃の歯みがきが大切

歯周病の予防には、何といっても歯みがき。歯みがきをしなくては、歯と歯ぐきの間に入った汚れを取ることはできません。デンタルガムなどのデンタルグッズは、歯みがきと併用して使いましょう。

歯みがきを習慣づけよう

歯みがきは、歯周病をはじめとする口内の病気予防にとても有効です。愛犬が歯みがきを苦手な場合は、時間をかけて少しずつ慣れさせましょう。嫌がらなければおやつを与えてほめ、歯みがきによい印象を持たせるのがコツ。犬が嫌がるそぶりを見せたら無理をせず、すぐにやめましょう。

愛犬に歯みがきをなれさせる方法

・まずは歯にタッチから
小さく切った犬用おやつを用意します。(1)犬におやつを見せて待たせたまま、逆の手で1~2秒口周りを軽くつかみます。犬がおとなしいままだったら、おやつを与えて。(2)慣れてきたら、犬の背後から両手で上唇を軽くめくり、指の腹で1~2秒、軽く歯にタッチ。おとなしいままだったら、おやつを与えて。

・次にガーゼ歯みがきにトライ
小さく切った犬用おやつ、ペット用歯みがきガーゼ、ペット用歯みがきペーストを用意します。(1)ガーゼを人差し指に巻いて歯みがきペーストを付け、犬の唇の端から口の中に入れ、2~3秒触ることを繰り返します。犬がおとなしいままだったら、おやつを与えて。(2)慣れてきたら、上から鼻先をつかみつつ上唇を軽くめくり、指に巻いたガーゼで歯を2~3秒軽くこすります。犬がおとなしいままだったら、おやつを与えて。

・歯ブラシを使って歯みがきを
小さく切った犬用おやつ、ペット用歯みがきペースト、ペット用歯ブラシ(ヘッドの小さいもの)を用意します。(1)犬の口を軽く押さええたまま、ペーストをつけた歯ブラシを犬の唇の端から、滑り入れるようにして入れます。犬がおとなしいままだったらおやつを与えて。(2)上あごを押さえているほうの手の指で上唇をめくり、奥歯を2~3秒、歯の根元から軽くみがきます。犬がおとなしいままだったらおやつを。(3)嫌がらなければ前のほうの上唇をめくり、犬歯や前歯をみがきます。犬がちゃんとおとなしいままだったら、ごほうびにおやつを。(4)歯ブラシを持った手で下あごを押さえ、上あごをつかんだ手を持ち上げて犬の口を開き、上の歯の裏側をみがきます。犬がちゃんとおとなしいままだったらおやつを与えて。(5)上あごを持ち上げたまま、下の歯の裏側も磨きます。このときも、犬がちゃんとおとなしくしていたら、ごほうびにおやつを与えて。

出典:『いぬのきもち』2013年11月号「ほうっておくと全身疾患にも! 犬の歯の病気」(監修 藤田桂一先生)

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る