1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 犬が「寝起き」に痛がる様子を見せる原因は? 獣医師が解説

犬と暮らす

UP DATE

犬が「寝起き」に痛がる様子を見せる原因は? 獣医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬が寝起きで動いたときなどに、違和感のある様子を見せることがあるようです。どのような原因が考えられるのか、いぬのきもち獣医師相談室の原 駿太朗先生が解説します。

犬が寝起きに痛がるそぶりを見せるとき、考えられる原因は?

眠るフレンチ・ブルドッグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——犬が寝起きでいつもと違った様子を見せたり、痛がるそぶりを見せるとき、どのような原因が考えられますか?

原先生:
足、腰、首などの関節のどこかを痛めてしまったり、長時間同じ姿勢でずっと寝ていたためしびれたような状態になってしまっているなどが考えられると思います。

しびれてしまった程度であれば、少し様子を見ているうちにいつも通りの様子に戻ってくれるかと思います。

ただ、いつまでたっても歩き方がぎこちなかったり、触るとどこか痛がる様子が見られるようでしたら、動物病院を受診するようにしましょう」

犬が寝起きに体を痛めないように予防できる?

お座りする犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——愛犬が寝起きに体のどこかを痛めてしまうのは、飼い主さんも心配かと思います。予防することはできるのでしょうか?

原先生:
「ふだんからできる予防としては…

  • 関節炎などの慢性的な痛みに対して効果が期待できる成分を多く含んだ食事や、サプリメントを生活に取り入れる
  • 愛犬が姿勢を変えられるくらいの十分な大きさのベッドを準備してあげる

などがよいかと思います。ただし、関節炎が疑われた場合には、サプリメントを飲ませる前にまず獣医師の診察を受けておきましょう」

見つめるトイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬が寝起きで違和感のある動きを見せていたら、どこかに痛みがあるのかもしれません。ぎこちない様子や痛がるそぶりがしばらく続くのであれば、動物病院を受診しましょう。

(監修:いぬのきもち獣医師相談室 獣医師・原 駿太朗先生)
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/柴田おまめ

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る