1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 皮膚病
  5. 梅雨に多い犬の病気3つ、どんな病気にかかりやすい?

犬と暮らす

UP DATE

梅雨に多い犬の病気3つ、どんな病気にかかりやすい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

季節によってかかりやすい犬の病気があるといわれています。

雨の日が続き、ジメジメと蒸し暑い梅雨になると、実際にどんな病気で動物病院を受診する犬が増えるのでしょうか?

今回は、いぬのきもち獣医師相談室の岡本りさ先生に「梅雨の頃に多い犬の病気」について、話を聞きました。

梅雨時に多い犬の病気がある

梅雨に多い犬の病気3つ、どんな病気にかかりやすい? いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――先生が動物病院での診察を行われている中で、梅雨の頃になると多くなる犬の病気はありますか?

岡本先生:
「梅雨に多い病気としては、主に膿皮症外耳炎下痢といった症状での来院が増えてきます。」

では、これらの3つの病気についての症状やなぜ梅雨に多くなるのか、その理由をお聞きしていきます。

①膿皮症

梅雨に多い犬の病気①膿皮症 いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――犬の膿皮症とは、どのような症状がみられますか?

岡本先生:
「犬の膿皮症は、湿度が高くなったり体が雨に濡れることで皮膚の常在菌が繁殖しやすくなるため、雨の多い時期に多くなります。

症状は皮膚の発疹とかゆみで、薬用シャンプーや抗生剤の内服、消毒などでの治療が行われます。」

②外耳炎

梅雨に多い犬の病気②外耳炎 いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――犬の外耳炎が起こると、どのような症状がみられますか?

岡本先生:
「犬の外耳炎は、梅雨時になり湿度が高くなると細菌やマラセチアなどの真菌が増えやすくなるため、雨の多い時期に多くなります。

症状はかゆみや耳アカの増加、耳の臭いなどがあり、耳道の洗浄や点耳薬の使用、抗生剤やステロイド剤の内服などでの治療が行われます。」

③下痢

梅雨に多い犬の病気③下痢 いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――犬に下痢の症状が起こると、どのような治療が行われますか?

岡本先生:
「犬の下痢は、さまざまな理由で起こりますが、梅雨に多くなる原因としては、天候が不安定で日々の散歩が満喫できなくなることや、悪くなった食べ物を摂取するといった理由で多くなります。

梅雨時はドッグフードにもカビが発生しやすくなるので注意しましょう。

治療は整腸剤や下痢止め、抗菌剤などの投与や点滴治療が行われます。」

梅雨の季節は犬の膿皮症や外耳炎、下痢が多くなる時期だそうです。愛犬の体調に変化がみられたら動物病院を受診しましょう。

(監修:いぬのきもち獣医師相談室獣医師・岡本りさ先生)
取材・文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る