1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 発症すると繰り返すことも…「膿皮症」は特に高温多湿な季節は注意!

犬と暮らす

UP DATE

発症すると繰り返すことも…「膿皮症」は特に高温多湿な季節は注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬がかかりやすい皮膚病のひとつ「膿皮症(のうひしょう)」。室内が高温多湿になりやすい初夏~秋は、膿皮症の原因となる細菌が繁殖しやすくなるので注意が必要です。
今回は、犬の膿皮症の原因や症状、治療法などについて解説します!

犬の膿皮症の原因は「常在菌」?

柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

膿皮症の原因は、皮膚の常在菌です。通常、常在菌は皮膚に害を及ぼすことはありませんが、細菌バランスが崩れることによって異常繁殖すると、皮膚に悪影響を与えるようになります。

細菌が増殖する原因としては、免疫力の低下や、体質に合わないシャンプーの使用、過度のシャンプーなどが考えられます。そのほか、皮膚に基礎疾患や寄生虫疾患がある場合も、細菌が増殖しやすくなるので注意しましょう。

犬の膿皮症の主な症状は「発疹」や「かゆみ」

チワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

膿皮症の主な症状は、発赤や発疹、膿疱(のうほう)、脱毛です。細菌感染の程度によってあらわれ方は異なりますが、背中、腹、顔、ワキ、股、指の間など、全身どこにでも症状は見られます。

症状が進行すると強いかゆみを示すようになり、犬がひっかくことで症状はさらに悪化するので注意が必要です。

膿皮症に「かかりやすい犬種」がいるって本当?

フラットコーテッド・レトリーバー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

膿皮症は、犬がもっともかかりやすい皮膚病のひとつといわれ、どんな犬にも発症するリスクはありますが、アレルギー体質や脂漏性などの犬は、特にかかりやすい傾向にあるようです。

また、鼻の周りに深いひだのある、ブルドッグやパグ、ペキニーズなどの犬種は、その部分に細菌がたまりやすくなるため、膿皮症にかかりやすいといわれています。

膿皮症の治療は抗生物質と薬用シャンプーが中心

ミックス犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬に膿皮症の疑いがあるときは、動物病院で細菌の検査を行います。検査方法は、皮膚の細菌を顕微鏡で観察する方法が一般的ですが、場合によっては、血液検査や皮膚細胞の病理検査をすることも。

犬が膿皮症だと確定したあとは、原因菌に合わせた抗生物質を投与しながら、専用の薬用シャンプーによって治療を行う動物病院がほとんどです。

いぬのきもち WEB MAGAZINE 「病気・症状データベース(膿皮症)」

繰り返すことのある膿皮症は「予防」することも大切!

ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

膿皮症は、獣医師の指示通り、抗生物質を飲ませてシャンプーを続けることで、完治する病気ですが、体質などによっては症状が長引いたり、発症を繰り返したりすることも。

そのため、膿皮症にならないように空調管理や食事、シャンプーなどのお手入れで予防してあげることも大切です。

膿皮症の詳しい予防法については、下記の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「【獣医師が解説】どんな犬がなりやすいの?犬の「膿皮症」の重要事項」

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『病気・症状データベース(膿皮症)』
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『【獣医師が解説】どんな犬がなりやすいの?犬の「膿皮症」の重要事項』(監修:いぬのきもち相談室獣医師)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る