1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 犬が飼い主さんに「くっついて座る」「離れて座る」ときの本音 注意したほうがいい座り方とは

犬と暮らす

UP DATE

犬が飼い主さんに「くっついて座る」「離れて座る」ときの本音 注意したほうがいい座り方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飼い主さんが部屋でくつろいでいるとき、愛犬が体を寄せて座ってきた……という経験はありませんか? 「なにこれかわいい!」と嬉しくなる飼い主さんも、きっと多いはず♡

今回は、座り方でわかる犬の心理について、いぬのきもち獣医師相談室の山口みき先生に聞きました。

犬が飼い主さんにくっついて座るときの心理

座るトイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ーー犬が飼い主さんにくっついて座るときがあると思うのですが、どのような心理のあらわれだと考えられますか?

山口先生:
「犬が飼い主さんとくっついているときの心理としては、『不安である・甘えたい・寒い』などが考えられますね」

ーーいずれの場合も、飼い主さんにくっついて安心したいという気持ちが伝わります。

背中をくっつけて座るのは、信頼の証!

寄り添うチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

山口先生:
「犬が背中をくっつけて座るときは、『信頼している』気持ちがあるのでしょう。

もともと犬は群れの中で、背中をくっつけあいお互いの死角をカバーするように眠ったり、群れたりします。背中を預ける相手には、信頼を置いているのでしょうね」

ーーそれは飼い主さんとしても嬉しいかも!

犬が飼い主さんから離れた場所に座る心理

見つめるウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ーーでは一方で、飼い主さんから離れたところに座る犬の心理についてはいかがですか?

山口先生:
「犬が飼い主さんから離れて座るときは、『安心している・ひとりでいたい・ほかのことに興味がある』などが考えられます」

注意したほうがいい犬の座り方

ーーちなみに、「こんな座り方をしていたら要注意」というのはありますか?

山口先生:
「もし犬が足を横に流す座り方をしている場合は、股関節や膝関節に痛みや違和感を抱えている可能性があります。また、以前と違う座り方をするようになった場合なども、痛みなどの異常が生じている可能性があります。座り方の変化が見られた場合や、心配がある場合はかかりつけ医に相談しましょう。」

見つめる犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の座り方によって、いまどんな気持ちなのかがある程度わかるようですね! ぜひ日頃から気にして見てあげて、愛犬の本音を考えてみてください♪

監修:いぬのきもち獣医師相談室 獣医師・山口みき先生
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami
編集/いぬのきもちWeb編集室

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る