1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 白内障
  5. 獣医師監修|犬の白内障(原因・治療法・症状・体験談・予防法)を解説

犬と暮らす

UP DATE

獣医師監修|犬の白内障(原因・治療法・症状・体験談・予防法)を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬は「白内障(はくないしょう)」という目の病気にかかることがあるので注意が必要です。そこで今回は、犬の白内障の原因や治療法(検査・通院頻度・治療費含む)、ステージごとの症状や飼い主さんの体験談、注意したい合併症、予防法について解説します。

犬の白内障とは

トイプードル
getty

白内障とは、本来透明であるはずの水晶体の一部または全体が白く濁り、徐々に視覚が失われていく目の病気です。初期のごく軽度の白内障では、レンズの部分がうっすらと濁ったように見えたり、小さな白っぽい点ができたりしますが、症状が進行するとだんだんレンズの色が真っ白になってきます。

犬の白内障の主な原因

犬の白内障の主な原因は、以下のとおりです。

先天性白内障

「先天性白内障」は、遺伝が原因で産まれたときから水晶体に濁りがあり、視力が著しく低いなどの症状が見られます。また、6才未満の若いときに白内障を発症する場合は、「若年性白内障」と呼ばれ、早い犬だと生後数ヶ月で発症するケースも。この場合も遺伝が原因と考えられています。

後天性白内障

遺伝以外のことが原因で白内障を発症するのが「後天性白内障」です。
例えば、加齢が原因で発症する「老齢性白内障」や、糖尿病などの代謝性の病気が原因となる「代謝性白内障」、水晶体やその周囲が損傷することで起こる「外傷性白内障」、違う目の病気が原因発症する「続発性白内障」などが、これに当てはまります。

白内障になりやすい犬種

遺伝的に白内障にかかりやすい犬種もいます。以下のような犬種は白内障にかかりやすいとされているので、該当する犬種を飼っている場合は、愛犬の様子をよくチェックしておくといいでしょう。


  • トイ・プードル


  • アメリカン・コッカー・スパニエル

  • シー・ズー

  • グレート・デーン

  • ミニチュア・ダックスフンド

  • オーストラリアン・シェパード など

犬の白内障の治療方法

検査方法

動物病院で白内障の治療を行うときは、まずさまざまな検査を行います。
主な検査方法は、どのくらい見えているのかをチェックするための「視覚検査」や、水晶体の混濁の程度を調べるための「細隙灯(さいげきとう)検査」など。ほかにも、白内障以外の病気にかかっていないかどうかを検査するため、「眼底検査」や「超音波検査」をすることが多いです。

内科的治療(目薬・内服薬)

内科的治療は、目薬や内服薬を用いて行います。白内障の治療に使う目薬として一般的に処方されるのは、ピレノキシン製剤(ライトクリーン・カリーユニ・カタリン)ですが、「白内障を治す」効果は期待できず、主に「進行を抑える」ことを目的に処方されます。

また、最近ではNアセテルカルノシン(シーナック・キャンシー・ドッグクララスティル)が、水晶体内の酸化を抑制するとして使用されることも。しかし今のところ、目薬や内服薬だけで白内障を完治させることは不可能と考えられています。

※Nアセテルカルノシンを含む目薬はピレノキシン系の目薬との併用は禁止となっています。

外科的治療(手術)

白内障の外科的治療では、濁った水晶体を超音波の振動で細かく砕いて取り除き、水晶体の代わりに人工レンズを挿入する手術を行います。

今のところ、白内障を完治させるには手術が有効な手段とされていますが、100%完治するわけではありません。また、術後に合併症を発症するリスクも否定できず、白内障の進行度合いや犬の年齢などによっては、手術を行うのが難しい場合も。

さらに、術後の管理(頻回の点眼、投薬、エリザベスカラーの装着、合併症の治療)が大変なため、犬の性格や飼い主さんの管理能力などを総合的に判断して手術を行うか決定する必要があります。

なお、初期の白内障の場合は手術ではなく、定期的な検査と診察を行い、目薬を使って症状の進行を緩やかにする治療を行うのが一般的です。しかし、若年性の白内障では、初期の段階で手術のタイミングや予後によっては、手術を急ぐ場合もあります。

通院頻度

手術を行う場合は、3〜4日の入院後、投薬と点眼治療を行い、術後の状態や合併症の有無によって、1〜2週間間隔で定期的な検査や診察を行います(1〜2カ月程度)。

一方、手術をしない場合は、十分な効果が期待できなくても目薬や投薬治療で少しでも進行を遅らせるための治療を行うため、目の状態にもよりますが、2~3カ月に1回程度の通院が必要となるでしょう。

治療費

白内障の手術は、片目で20万〜40万円程度かかるほか、術前の眼科の精密検査、術後の通院、投薬、合併症がある場合はその治療などの費用が別途必要になります。両目の手術の場合は、50万円以上必要になるでしょう。

犬の白内障の主な症状

お花畑とポメラニアン
getty

犬の白内障は以下のように4つのステージに分けることができます。

ステージ1「初発白内障」

水晶体が少し濁った状態。この段階では犬の視覚にもほとんど影響がないので、飼い主さんが異常に気付けるケースは少ないです。

ステージ2「未熟白内障」

水晶体の濁りが少しずつ広がってきた状態。視力障害は軽度なので、日常生活にはそれほど支障がありません。

ステージ3「成熟白内障」

水晶体全体が白く濁った状態。この段階になると、多くの飼い主さんが愛犬の目の異常に気付くでしょう。視力もかなり低下しているため、物にぶつかったり、薄暗い場所の散歩を嫌がったりするなどの症状が見られます。

ステージ4「過熟白内障」

水晶体のたんぱく質が溶け出し、多くの場合、目の中で炎症を起こしています。この段階になると目はほぼ見えていない、ちょっとした物音にも驚くようになるなど、性格にも変化が見られることが。また、合併症を発症する可能性もあるため、大変危険な状態です。

飼い主体験談 愛犬の白内障に気づいたきっかけ

  • 13才のころ。手を出してもニオイを嗅いでぶつかってしまい、ん?と思っていたら、どんどん目が白くなってきました。(チワワ)

  • 10才くらい。段差があるところを怖がるようになり、階段を踏み外すようになりました(トイ・プードル)

  • 10才で発症。糖尿病になり、半年ほど経ったころでした。1週間ほどで、あっというまに間に片眼は真っ白に。もう片目はわずかに視力が残りましたが、本当に「あれ!?何か目が白っぽい、変だな」と思ってから数日の急激な進行で、手の施しようがありませんでした。(トイ・プードル)

  • 生後7カ月で目が濁りだし、最初の動物病院では指摘されませんでしたが、セカンドオピニオンで受診した動物病院で若年性白内障と診断されました。 5才のときに緑内障も発症し、 その後失明しました。(アメリカン・コッカー・スパニエル)

  • 若年性白内障のため2才で手術しました。夕方薄暗くなってからのお散歩のときに、電柱などにぶつかりそうになるので、動物病院で診てもらったら少し白く濁っていると指摘され、その後、動物の眼科専門医に相談に行きました。(ボストン・テリア)


※2018年9月「いぬのきもちアプリ」アンケートより(回答者数172人)

犬の白内障は合併症にも注意が必要

カーペットに寝転がるビーグル犬
getty

先ほども少しお話ししましたが、犬は白内障になると視力に影響が出るだけはなく、進行すると「ぶどう膜炎」や「緑内障」「網膜剥離」といった合併症を引き起こすことがあります。どれも危険な目の病気ですので、注意が必要です。

ぶどう膜炎

犬がぶどう膜炎になると、白目の部分が真っ赤に充血し、痛みのために目をショボショボさせたり、まぶたを震わせたりするようなしぐさが見られます。網膜まで炎症が広がると、視力の低下や失明することもあるため注意が必要です。

緑内障

犬が緑内障になると強い痛みを感じるため、じっとして動かない、涙を流す、頭を触られることを嫌がるなどの症状が見られます。眼圧がかなり高くなると結膜が充血し、角膜も白く濁って見えるほか、目そのものも膨らむため、いつもより目が大きく飛び出したように見えることが。頭痛で嘔吐や食欲の低下が出てくる場合もあり、眼圧が高いまま放置すると失明します。

網膜剥離

犬が網膜剥離になると、よくものにぶつかる、鼻で探りながら歩く、無表情になるなどの視覚障害の兆候が見られます。網膜剥離は早期に治療をすれば視力の回復が望める場合もありますが、白内障などの病気が原因の場合や、片目だけの網膜剥離では症状に気づきにくく、回復せずに失明するケースも少なくありません。

犬の白内障の予防(サプリメント・食べ物など)

犬の白内障の予防法は確立されていません。

しかし、糖尿病が原因で発症する白内障の場合は、高血糖が水晶体を白濁させ、血管や神経が劣化することで進行するというデータがあります。このことから、抗酸化作用や免疫力を高める作用のある食べ物・サプリメントなどが、白内障の予防につながる可能性があると考えられるでしょう。
なお、抗酸化作用や免疫力を高める作用のある成分としては、ビタミンE、ルテイン、プロポリス、アガリクス、β-カロテン、ビタミンCなどが挙げられ、これらの製剤が「白内障予防サプリメント」として発売されています。

そのほか、目に刺激を与えないよう、強い紫外線の下に長時間いさせない、ケガを誘発するような接触トラブルを回避するということも、白内障の予防につながるかもしれません。

犬の白内障は早期発見が大切

草原とゴールデン・レトリーバー
getty

犬の白内障は驚くべきスピードで進行することもあり、短期間で失明に至るケースも珍しくありません。予防法が確立されていない以上、白内障の一番の対策は、早期発見しかありませんので、こまめに愛犬の様子や目の濁りをチェックし、必要があれば動物病院で検査するようにしましょう。

監修/石田陽子先生(石田よう子犬と猫の歯科クリニック院長)
文/ハセベサチコ
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る