1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. いぬのきもち相談室
  5. オス犬とメス犬の違い、顔立ちや性格は?|獣医師監修

犬と暮らす

UP DATE

オス犬とメス犬の違い、顔立ちや性格は?|獣医師監修

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬のオスとメスには、どのような違いがあるのでしょうか。主に骨格や筋肉量、体つきの部分の違いについていぬのきもち相談室の白山さとこ先生に解説をしていただきました。体重管理についても教えていただいたので、参考にしてみてください。

オス犬とメス犬に骨格や筋肉量の違いはあるの?

ミニチュアピンシャーのココちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――オス犬とメス犬に骨格の特徴に違いはあるのでしょうか?

白山先生:
「一般的にオス犬は骨格が大きく、がっしりとした体つきです。メス犬は小柄な体格である傾向があります」

――では、筋肉量や体脂肪率に違いはありますか?

白山先生:
「オス犬は縄張り争いのための攻撃力や『強さ』をアピールする必要があるため、筋肉が発達していて、がっしりとした体つきになっています。
メス犬はオス犬に比べると筋肉量は少なく、体脂肪率は高い傾向にあります」

顔立ちやその他の違いはある?

チワワのつくしくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――オス犬とメス犬の顔立ちの傾向に違いはあるのでしょうか?

白山先生:
「オス犬はあごの筋肉が発達し、キリッと凛々しい顔つきであることが多く、メス犬は穏やかでやさしい顔つきをしている傾向があります」

――筋肉量などの違いで顔つきの傾向も違うのですね。ほかに違いがあるところや注意するべき点はありますか?

白山先生:
「もちろん個体差はありますが、性別による性格の傾向にも違いが見られます。
オス犬は上下関係や縄張りに対する意識が高く、そのため攻撃性やマーキングなどの行動が問題となることも。
メス犬は強いオスを慎重に選ぶ必要があり、子を守り育てるという使命があるため、保守的であったり神経質だったりする傾向があります」

オス犬とメス犬の体重管理で気をつけたい点

アメリカン・コッカー・スパニエルのリタちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――筋肉量や体脂肪率に違いがあることを教えていただきましたが、体重管理はどのように行えばいいでしょうか?

白山先生:
「筋肉量が多いオス犬は基礎代謝も高いため、1日に必要なエネルギー量も多くなる傾向があります。体重にあった量のフードをしっかりと与えてあげましょう。
ただし、去勢手術を行った後は、ホルモンバランスの変化の影響で太りやすい傾向がありますので、愛犬の体重の変化に注意しながら調節していくことが必要です。

メス犬はオス犬に比べて筋肉量が少ないことが多いので、1日に必要なエネルギー量は少ない傾向にあります。少食気味なコや偏食気味になるコもいるため、おやつなどを与えすぎないように注意しましょう。
ただし、避妊手術後は食欲が増進する場合があります。体重を定期的にチェックしながら適正体重を保てるように、フードの量や内容を調節してあげるようにしましょう」

オス犬とメス犬には筋肉量や体脂肪率、顔つきなどに違いがあることがわかりました。体重管理ではそれぞれで気をつけたいポイントをおさえ、しっかりと行っていきたいですね。

(監修:いぬのきもち獣医師相談室 獣医師・白山さとこ先生)
取材・文/山村晴美
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る