1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 事故・ケガ防止
  5. 犬が散歩中にガラスの破片を踏んだ! 金具にしっぽが引っかかった!「犬の切り傷」にどう対応する?

犬と暮らす

UP DATE

犬が散歩中にガラスの破片を踏んだ! 金具にしっぽが引っかかった!「犬の切り傷」にどう対応する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雑誌「いぬのきもち」読者アンケートによると、愛犬のケガは部屋の中、散歩道、ドッグランなど、身近な場所で起きていることがわかりました。
今回は散歩中やお出かけ先で起こりやすい「切り傷・すり傷」の体験談をご紹介。動物救命救急のスペシャリストであるサニーカミヤ先生に、ケガの予防や事故の際の対応についてアドバイスをいただきました。

犬に多いケガベスト4

1位 骨折・ねんざ・脱臼……38%
2位 切り傷・すり傷……31%
3位 噛み傷……10%
4位 やけど……2.5%

※「いぬのきもち作り隊」の読者260名にアンケートをとったものを集計した結果です。いぬのきもち作り隊アンケートは、2021年11月に実施しています。アンケートには、複数回答も含まれます。

●散歩中やお出かけ先で傷つけることも
散歩道に落ちていたガラスやプラスチック片で足を切る、自然豊かな場所で植物の枝やとげなどで体に傷ができるなど、外で切り傷や擦り傷をつけることが多いようです。

「室内でも、カッターナイフやハサミで作業中に近くに来た愛犬を誤って傷つけてしまうことも」(サニーカミヤ先生)

ケース1)散歩中、側溝のフタの穴に足が落ちかかとを擦りむいた

イラスト/福田玲子
イラスト/福田玲子

「散歩道の端に、コンクリートのフタがかぶさった側溝が並んでいます。そのフタの穴に愛犬の後ろ足がズリッと入ってしまい、かかとが擦り切れました。それ以降、側溝の上を歩くときは注意して見ています。」

【先生からのアドバイス】
「側溝をおおうフタとフタの間にある穴や隙間は、つまずきやすかったり、足がはまりやすかったりします。道路の端はできるだけ避けて通るようにするといいですね」

ケース2)抱っこから飛び降りたときにバッグの金具にしっぽが引っかかり出血

イラスト/福田玲子
イラスト/福田玲子

「トリミングサロン帰りで足裏もきれいだったので、愛犬を抱っこして車から降り、玄関へ。家に入るなり、愛犬が飛び降りました。すると、床にポタポタと血が落ち、しっぽの先が赤くなってきたので、あわてて動物病院へ。しっぽの先が私のショルダーバッグの金具に引っかかったようです。」

【先生からのアドバイス】
「体が毛におおわれているため、飼い主さんが犬のケガの深さや範囲を把握するのは難しいものです。すぐに動物病院へ行ったのはいい判断でしたね」

ケース3)散歩が大好きで引っ張りグセもあり肉球が擦りむけた

「先代犬は運動神経抜群で、走るのが大好きなコでした。散歩でも走りたくてぐいぐい引っ張るタイプ。そのため肉球が擦りむけたりめくれたりして、出血してしまいました。動物病院で塗り薬を処方してもらいました。」

【先生からのアドバイス】
「散歩中に座りこんだり、立ち止まったりした愛犬を歩かせようと、飼い主さんがリードを引っ張ることで、肉球が擦りむけてしまうケースもありますよ」

ケース4)河原を散歩中にビンの破片を踏んで肉球が切れた

イラスト/福田玲子
イラスト/福田玲子

「先代犬と河原を散歩したときのこと。急に足を引きずりだしたので肉球を見ると、ぱっくり切れていました。周辺の草をかき分けると、割れたガラス片が散乱! すぐに動物病院で処置をしてもらいました。今の愛犬とも河原を散歩しますが、足元がよく見えない場所は歩かせていません。」

【先生からのアドバイス】
「飼い主さんがケガの危険を予測するためにも、足元がよく見えない場所を避けているのは、いい心がけですね」

切り傷・すり傷の応急処置

ここからは切り傷・すり傷の応急処置についてご紹介します。

①水で傷口を洗う

炎症予防のために、水で傷を洗います。できるだけ早く傷を洗ったほうがいいので、その場にお茶しかなければ、お茶で洗ってもOK。

ノズルを回して噴霧量を調整できるスプレーが便利。水が直線状に出るように調整すると、傷を洗いやすいです
ノズルを回して噴霧量を調整できるスプレーが便利。水が直線状に出るように調整すると、傷を洗いやすいです

②傷口にワセリンを塗る

傷口を保護するために、ワセリンを塗ります。また、傷口が乾燥して、ガーゼや包帯に貼りつくのを防ぐこともできます。

ワセリンで傷口を保護
ワセリンで傷口を保護

③ガーゼでおおい、包帯を巻いて動物病院へ

ガーゼや清潔なハンドタオルなどで傷口をおおい、伸縮性包帯で巻いて固定。傷への衝撃を和らげる効果も。処置後、すぐに受診を。

包帯を巻かれることを愛犬が嫌がる場合は、傷口を水で洗って清潔なガーゼなどで吹くだけでも応急処置としては充分です
包帯を巻かれることを愛犬が嫌がる場合は、傷口を水で洗って清潔なガーゼなどで吹くだけでも応急処置としては充分です

【これはNG!】人の消毒薬で傷口を消毒する

犬の傷を人用の種毒液で処置してもよさそうに感じるかもしれませんが、じつはコレはダメ。人用の消毒液は犬の皮膚に合わず、傷の治りを遅らせてしまうことがあるためです。

いかがでしたか? 
今回ご紹介したケースを参考に、散歩コースなどに危険が潜んでいないか、改めて確認してみましょう。また、すぐに応急処置ができるよう、スプレータイプの容器やワセリン、ガーゼ、包帯などを常備しておくとよいですね。

お話を伺った先生/日本国際動物救命救急協会 代表理事 サニーカミヤ先生
参考/「いぬのきもち」2022年4月号『まさか!のケガ体験エピソード』
写真/尾﨑たまき
イラスト/福田玲子
文/伊藤亜希子

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る