1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬の歯みがき~その必要性から、成功のコツ、慣れさせ方、便利グッズについて~

愛犬の歯みがき~その必要性から、成功のコツ、慣れさせ方、便利グッズについて~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯周病などの口腔内のトラブル予防に毎日の歯磨きは欠かせません。ですが、その一方で歯磨きが苦手な犬が多いのも事実です。口元を触るところからゆっくり始められるカンタン歯みがきにチャレンジしてみましょう!

犬に歯みがきって必要なの?

愛犬の口がにおったり歯が黄ばんだりしていませんか? 歯茎が赤く、出血している、歯がぐらぐらしている、食べるのが遅くなったなどの症状が見られる場合は歯周病の可能性があります。3才以上の犬の約80%が歯周病といわれており、お口のケアを怠っていると歯だけでなく全身の健康を害することもあります。歯みがきなどのケアをせず重度の歯周病になり、あごの骨が溶けて歯茎や目の下に穴が空いてしまうまで症状が進行すると、麻酔を用いた外科手術が必要になってしまうケースも。歯みがきやお口のケアを心がけることが愛犬の健康を保つことにつながります。

犬の歯みがきってどうやるの?基本の歯みがきの仕方

歯ブラシの持ち方

愛犬の歯みがきには動物用の歯ブラシを使いましょう。歯ブラシはえんぴつを持つように親指、人さし指、中指で歯ブラシを握り、水か犬用歯みがきジェルをつけて使います。

歯ブラシに慣れさせる

口にいきなり歯ブラシを入れてゴシゴシこすろうとすると、犬は恐怖感から歯みがきが嫌いになってしまいます。まずは歯ブラシそのものに慣れさせる練習をします。犬用の歯みがきジェルなどを歯ブラシにつけて愛犬になめさせます。愛犬が嫌がらずに歯ブラシをなめたら次へ進みましょう。最初は愛犬が好きな食べ物のニオイで歯ブラシに慣れさせるのもいいでしょう。ウェットフードや肉のゆで汁のほか、犬用のミルクなどもおすすめです。歯ブラシをなめる練習をしているときに、愛犬が歯ブラシを噛んでも叱らずにそっと引き抜いて。叱ると歯ブラシが嫌いになり歯みがきが苦手になることも。

歯ブラシに歯をタッチさせてほめる

次は、愛犬の歯に歯ブラシをタッチする練習です。歯ブラシをなめさせる延長で、歯にやさしく1秒ほど当ててみましょう。嫌がらずに落ち着いていられたら「イイコ」などと声をかけてほめます。繰り返し練習して歯ブラシが歯に当たっても嫌がらなくなったら、次へ進みます。

みがきやすい犬歯をみがく

まずは、汚れやすい歯だけみがく練習をします。最初はいちばんみがきやすい犬歯をみがいてみましょう。上の歯の犬歯に歯ブラシを当てて上下に数回動かします。上の歯の左右の犬歯がみがけるようになったら、下の歯の左右の犬歯もみがきます。上下4本の犬歯がみがけたら次へ。

上の奥歯をすばやくみがく

次に上の歯にある大きな歯、第4前臼歯をみがいてみましょう。口を閉じたまま、唇の横から第4前臼歯にあるあたりに歯ブラシを滑り込ませ、左右にやさしく2回ほどスライドさせます。愛犬の負担にならないよう3秒以内にすばやく行うと〇。これを左右行なえたら次へ進みます。

下の奥歯をすばやくみがく

次に下の歯の左右にある大きな歯、第1後臼歯をみがきます。下の歯をみがくときは、ほおを少し上げるように指で押さえるとやりやすくなります。歯ブラシを第1後臼歯のあるあたりに当て左右にやさしく数回ほどスライドさせます。これを数秒以内にサッとみがき、左右行ないます。

犬の歯みがきがうまくいくコツ

飼い主さんも愛犬もリラックスしているときに行なう

飼い主さんが叱ったり気合を入れてみがこうとすると、いつもと違う様子に愛犬は緊張したり不安を覚えて嫌がりやすくなります。音楽を聴いたり、テレビを見たりしながらリラックスした雰囲気のなかで行うと嫌がりにくいです。

歯ブラシはやさしくタッチさせる

歯ブラシを愛犬の歯に当てるときは、ブラシの毛先が割れないぐらいの強さでみがきましょう。毛先が少したわむくらいが、歯と歯肉の汚れを取り除くにはちょうどいい力加減です。力が弱すぎると、表面の汚れは取れても、歯と歯肉の間にブラシが入らず汚れを取り切れません。また、歯ブラシの毛先が開くのは強すぎのサイン。力を入れすぎると、歯肉を傷つけ出血することもあるので注意しましょう。

口を開けやすくする工夫をしよう

犬歯があるあたりの上唇に飼い主さんの指を巻き込むように軽く握ると、愛犬は自分のほおの皮膚が歯に当たって痛い思いをしたくないので、自然に口を開けようとします

犬種・タイプ別にみがき方を工夫して

大型犬など歯の大きい犬は、人用の大きい歯ブラシを使うとみがきやすいです。小さな歯ブラシはクルクルと円を描くようにみがくと汚れが落としやすくなります。小型犬の歯は小さく、歯と歯の間が詰まっています。ブラシの先がとがったタイプの人用歯間ブラシを使うと汚れが落としやすくなります。また、パグやフレンチ・ブルドッグなど歯並びに特徴のある短頭種は、重なっている歯やデコボコの歯の表面に歯ブラシの向きを合わせるようにしてみがくと、汚れが落としやすくなります。

歯みがきを嫌がる犬には、どうすればいい?

歯みがきの最中に愛犬が顔をそむけたり、首を振ったら「飽きた」「嫌だ」というサイン。苦手意識が芽生えてしまわないよう、いったんやめて続きは翌日などに行ないましょう。歯みがきは苦手な犬は、一度にすべての歯をみがかなくてもOK。今日は上の歯の表面(犬歯と横の歯の表面のみ)、下の歯は翌日にみがくなど、みがく部位を分けて手短にみがくことで歯垢の付着は防げます。また、歯の裏側は舌や唾液である程度キレイになるので、無理せずできるときだけみがけば大丈夫です。

口元を触らせてくれない犬の慣れさせ方

口を触ったらごほうびを与えて

歯みがきはもちろん、口元を触るのが難しい犬の場合は、口を触らせてくれたらごほうびをあげることから始めましょう。おやつに注目させながら、指先で軽く口元や口のまわりをなでます。おとなしくなでさせてくれたらおやつを与え「イイコ」などとやさしく声をかけてほめます。繰り返し練習し、触られても平気になったら次に進みます。

指を入れたらごほうびを与える

次は、飼い主さんの指を愛犬の歯にタッチする練習をします。口まわりをなでる延長で犬歯や横の歯など触りやすい歯に1秒だけ触れてみましょう。愛犬が嫌がらずに触らせてくれたら「イイコ」といいおやつを与えてほめます。指で口のまわりや歯を触っても嫌がらなくなるまで繰り返し練習しましょう。

犬の歯みがきに便利なグッズは?

デンタルガム

ガムについた凹凸を噛むことで歯垢が取れたり、ガムに含まれる口内の細菌を抑える成分が作用し、口の中を清潔に保ちます。おやつ代わりに与えるだけなので、食べるのが好きな犬におすすめのオーラルケアです。犬にデンタルガムを与えるとくは、時間をかけてゆっくり食べさせるのが〇。歯垢がたくさん取れ、成分も口の中に長くとどまります。

マウスクリーナー

マウスクリーナーとは、口の中の細菌が増えるのを抑え、口臭を軽減してくえる成分が入った液体。飲み水に入れて、愛犬に飲ませると口臭をケアできます。毎日与えるものなので、愛犬が好んで飲める味のマウスクリーナーを使うのが理想です。

デンタルトイ

デンタルトイとは、歯垢が取れやすい工夫がされているおもちゃのこと。噛んで遊ぶとその凹凸に歯垢がつくので、口をきれいに保てます。おもちゃで遊ぶのが好きな犬におすすめのオーラルケアです。そのまま犬に与えるよりも、引っ張りっこ遊びなどをしながら与えるほうがベター。遊んでいるうちにより強く噛んでくれるので、歯の根元についた歯垢まで取れやすくなります。

歯みがきシート

歯みがきシートは指に巻きつけて犬の歯をこすることで、食べカスや歯垢など歯の表面の汚れを落とすオーラルケアグッズ。飼い主さんの指に巻いて使うので、歯ブラシよりも警戒心をもちにくいのが特徴です。歯ブラシを使って歯をみがくことに抵抗がある犬に、飼い主さんの指を入れるのを慣れさせるために活用するのもおすすめです。

歯みがきペースト

歯みがきペーストは、歯みがきのときに歯ブラシにつけて使うものですが、なめさせてもある程度口内をきれいに保てます。犬の唇をめくり、歯ぐきにペーストをつけて。犬はペーストをなめようと舌を口の中でよく動かすので、口全体に成分が行き渡ります。チキンやシーフード、ミントといったおいしい味がついているものが多いので、ごほうびとして使っても◎でしょう。

デンタルスプレー

口臭が気になるときにスプレーすると、液が口内の広がり嫌なニオイを瞬時にさわやかにしてくれるオーラルケアグッズ。来客前など口臭を防ぎらいときにひと吹きしておくのにも便利です。初めて使うときは、飼い主さんの手のひらにスプレーして犬になめさせ、“おいしいもの”と覚えさせましょう。

犬に歯の定期検診は必要?

毎日歯みがきしていても、歯と歯ぐきの隙間にはさまった食べカスは除去しにくく、それが歯石となって石灰化が進み、その結果歯石となります。定期的な歯科検診や歯石除去の施術を受けることで、歯周病などの進行を防ぐことにつながるでしょう。最近は、トリミングサロンでもスケーラーを使用した歯石取りをやっていたり、市販のスケーラーで飼い主さん自ら歯石取りをしている方もいるようですが、削りすぎによって症状をより悪化させているケースも多くなっています。口の中のケアは獣医師や歯科医にお願いするのがベストでしょう。

歯みがきについてのまとめ

歯みがきは最初に嫌がる犬も多いですが、飼い主さんがあきらめずに慣らしていけば、どの犬でもみがけるようになります。愛犬だけでなく、飼い主さんがリラックスして歯みがきに取り組むことも大切。あせらずに少しづつステップアップしていきましょう!

出典:『いぬのきもち』2017年3月号「歯みがき成功へのワン・ツー・スリー」、
    『いぬのきもち』2017年9月号「Oral Careをはじめよう」共に監修藤田桂一先生

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る