1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【柴犬の疑問・黒柴編】被毛の色によって性格や飼い方に違いはある?

【柴犬の疑問・黒柴編】被毛の色によって性格や飼い方に違いはある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬好きのなかでも、絶大な人気を誇る柴犬。今回は、白みがかった麻呂眉が愛らしい、黒柴について取り上げました。果たして被毛によって性格や飼い方は変わるのでしょうか?一般的な柴犬知識と合わせてご紹介いたします。

黒柴は珍しい?あなたにとっての柴犬は何色?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

突然ですが、柴犬はお好きですか?柴犬と聞いたとき、みなさんはどんな色のコを思い浮かべるでしょうか。おそらく、茶色だと答える方が大半かと思います。柴犬の種類を被毛の色別にわけると、「赤」「黒」「白」「胡麻」の4種類に分かれます。このように分類すると、一般的に柴犬のイメージとされている茶色は、赤毛にくくられます。

世間的なイメージ通り、柴犬は赤毛のコが比較的多く、最もポピュラーな被毛の色と言えるでしょう。一方で黒柴は、柴犬全体のおよそ1割程度と言われています。そのため、ブリーダーなどからの購入価格も、赤毛のコに比べると割高であることが多い傾向にあるようです。

黒柴といえば麻呂眉!黒柴の外見的特徴

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

黒柴の最大の特徴といえば、目の上にある麻呂眉でしょう。黒い毛並みの中にちょこんと現れる白い眉は、もともと愛らしいお顔をもっとかわいらしく見せますよね。実はこの麻呂眉には、きちんとした役割がありました。

麻呂眉がカモフラージュ?

黒柴の麻呂眉は、正確には「四つ目」と呼びます。読んで字のごとく、四つ目の「目」に見えることがその由来です。一説によると、四つ目は、鳥などの外敵から目を守るためのカモフラージュではないかと考えられています。黒柴の四つ目は特に目立ちますが、よく見ると他の被毛の色のコにも四つ目はあります。ただし、白柴は四つ目の毛色と全体的な毛色が似ているため、目立ちにくくなっています。

よく見ると真っ黒ではない

黒柴という名前とは異なり、全体が真っ黒というわけではありません。お腹や胸、手足は白っぽい子が多く、よく見ると様々な毛色が入り混じっているのが分かります。黒柴の毛の先は黒色ですが、毛根へ向かうに従い、赤、白へと変化しています。また、手足や口周り、尻尾の先など、体の先端に向かうに従って、毛の色が薄くなるコが大半です。とはいえ、「全身が真っ黒ではないので、黒柴ではない」ということはありませんのでご安心を!

黒柴はほかの柴犬と性格は違う?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

黒柴はまだまだ希少な毛色。同じく希少な白柴と比べると、やんちゃそうなイメージがあるかもしれません。しかし、もし性格に差があるとすれば、飼われている環境や、個体差による影響がほとんどだと考えられます。

柴犬の性格

ここで、黒柴にかぎらず、柴犬の性格について焦点を当ててみましょう。柴犬全てが当てはまるとは限りませんが、ドッグトレーナーなど多くの犬を診ている専門家は、柴犬は頑固なコが多いと評価することがあります。とても賢く、飼い主に忠実な性格と言われますが、その反面、飼い主さん以外の指示が通りにくいと言われるのです。

これは、柴犬が周囲の上下関係を感じ取ったり、ランクを付けるなどして空気を読むが故に、頑固と感じられるようです。また、警戒心が強いなど、凛々しさを感じさせる性格の子も少なくありません。そんな警戒心は、日頃のスキンシップによって解決できますので、少しずつ心の距離を近づけていってくださいね。

黒柴を家族に迎えるにあたって知っておきたいこと

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

柴犬は頑固とか、初心者には難しいと言われることがありますが、一度柴犬を飼うとメロメロになる飼い主さんが続出!では、黒柴を飼うにあたって、事前にどのようなことを知っておくべきなのでしょう。

頑固だと感じるのは警戒心が強いから

柴犬の中には、ブラッシングや歯磨きなど、お手入れをしようと体に触れると嫌がるコや、赤ちゃんの頃の癖が治りにくい子がいます。一生懸命しつけをしようと思っていても、唸る、吠えるなどして拒絶を示されると、飼い主さんのモチベーションも下がってしまいますよね。しかし、お手入れの道具が怖い、体に触られるのに不慣れ、柴犬持ち前の警戒心が反応しているなど、嫌がるのにはきちんと理由があります。焦らずに少しずつ体に触れる練習をしたりと、時間をかけて距離を近づけていきましょう。

抜け毛が多い犬種です

黒柴は毛が黒いので、ほかの被毛に比べると、抜け毛が目立つかもしれません。一般的に柴犬は、上のオーバーコートと、下のアンダーコートの二層の被毛の量を調整して、暑さや寒さをしのいでいます。そうして季節に応じて過ごしやすいように、抜け代わっています。

もしお手入れに慣れているならば、まめにブラッシングをしてあげましょう。体に触れられたり、ブラッシングが苦手なコは、比較的触れるのを嫌がられない、背中のブラッシングから練習をしてみてください。そうして、少しずつ、お手入れの範囲を広げましょうね。

基本は忠実で賢く、好奇心旺盛!

柴犬は黒柴に限らず、本来は好奇心が旺盛なコが多い傾向にあります。また、飼い主さんと心が通じ合うと、とても甘えん坊な一面をあらわにするコもいます。性格は個性でもあるので、育ち方に対して断定はできませんが、きっと素敵な家族の一員になってくれるでしょう。

高まる柴犬人気の中でも、黒柴の注目度は上がっています。黒柴の人気の理由のひとつである四つ目は、なんだか顔立ちを幼く見せてくれるようで、とても愛らしいですよね。これから黒柴をお迎えすることを予定している方は、スキンシップを焦らずに、ゆっくりと心を通わせてくださいね。

出典/「柴犬との暮らしがもっと楽しくなる本」(監修:東京農業大学農学部教授 長島孝行先生/ジャパン ケネル クラブ、日本警察犬協会および日本動物病院福祉協会インストラクター 戸田美由紀先生)
文/riko
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る