1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 「ほめる=甘やかし」ではありません!愛犬を正しくほめるコツとは?

「ほめる=甘やかし」ではありません!愛犬を正しくほめるコツとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ほめる=甘やかし」ではないんです!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

時々、「犬をほめすぎるのは甘やかしではないか?」と考える人がいます。しかし、犬を育てる上での「甘やかし」というのは、人が犬の要求をすべて受け入れてしまい、不適切にほめることを言います。

一方で犬が人にとって好ましい行動をとった時のリアクションや、コミュニケーションの一つとして正しくほめることは、決して甘やかしではありません。それでは、正しくほめるとはどういうことなのでしょうか?

「正しくほめる」ってどういうこと?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬が人にとって好ましい行動をとった時などに「犬がなぜほめられてのか理解できるように」ほめてあげましょう。犬をほめるときは、以下の「3W1H」を意識してみてください。なぜほめられたのか理解しやすくなりますよ。

いつ(When)…「よいことをした瞬間」

犬が人にとって好ましい行動をしたとき、たとえば「オスワリ」や「マッテ」などの指示に従ってくれたら、その瞬間にほめてあげましょう。犬がおとなしくしているときに「いい子ね!」などとほめてあげるのも、適切なコミュニケーションと言えます。

どこで(Where)…「その場で」

時間が経ってから「あの時はいい子だったね」とほめられても、犬は理解できません。犬がよいことをしたら、その場でほめるのが重要です!

何を(What)…「犬の行動を」

犬はどの行動がほめられているのかを理解できれば、「もっとほめてほしい!」とその行動を繰り返すようになり、しつけにもつながります。犬が適切な行動をしたら、見逃さずにどんどんほめてあげましょう!

どのようにして(How)…「犬が喜ぶ形で」

犬が喜ぶのであれば、飼い主さんが微笑みかけたり、なでたりするだけでもOKです!その犬ならではの喜ぶ方法を見つけて、自分のほめたい気持ちを伝えましょう。犬も飼い主さんも楽しい気分になることが何より大切なんですよ。

犬をほめるときのコツとは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

おやつをあげる

おやつなど犬の好きなものを与えながらほめてあげると、犬は理解しやすくなります。もし家族間でほめ方が違うと、ほめられているかどうか理解できなくなる場合があるので、ほめ方はおやつに統一しておくのも良いでしょう。

穏やかな口調で

すぐにおやつをあげられないときでも、「いい子ね」「よくできたね♪」などと、穏やかな口調でほめてあげましょう。表情が怖かったりきつい口調だったりすると、犬はほめられていることを理解できない場合があります。

声のトーンを高くする

声のトーンをいつもより少し上げて言葉をかけると、ほめられているのだと理解しやすくなりますよ。少し意識してやってみてください◎

こんなほめ方はちょっとNG…

犬をほめる際になですぎたりと、過度なスキンシップには要注意!なでられるのが好きな犬にとっては嬉しいことですが、苦手な犬もいるのでやりすぎは禁物ですよ。

飼い主さんと犬の大切なコミュニケーション

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬にとって飼い主さんにほめられることは「最高のごほうび」であり、正しくほめてあげることは、飼い主さんと犬の大切なコミュニケーションでもあります。正しいほめ方はしつけにも役立つので、ぜひ実践してみてくださいね!

出典/「いぬのきもち」18年3月号『愛犬を幸せにする三人の神様とダメにする一人の悪魔』(監修:東京大学付属動物医療センター行動診療科 獣医師 菊池亜都子先生/ラ・アンベリールオーナー兼JKC公認A級トリマー・愛犬飼育管理士・愛玩動物飼養管理士 櫻井陽道先生)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る