1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師が解説】犬が「ガーガー」苦しそう!気管虚脱の対処法は?

【獣医師が解説】犬が「ガーガー」苦しそう!気管虚脱の対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小型犬や短頭種に多い犬の病気「気管虚脱」。ガチョウのように「ガーガー」と苦しそうに咳をするのが特徴的な症状ですが、悪化すると呼吸困難を起こすことも。今回は、気管虚脱の基本事項~治療法、自宅での対処法、逆くしゃみとの違いについて解説します。

犬の気管虚脱とはどんな病気?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

気管虚脱とは?

犬の気管は通常、筒のような形をしていますが、これが扁平につぶれて呼吸が困難になる病気を「気管虚脱」と言います。本来、気管は頑丈な軟骨に囲まれているので、いくら激しく呼吸をしても潰れることはありません。しかし何かの原因で軟骨の強度が低下してしまうと、気管全体が筒状の形を保てなくなり潰れてしまいます。気管虚脱の症状が進むと、咳や呼吸困難などの症状が現れるようになります。

なりやすい犬種

チワワやパグ、ボストン・テリア、ポメラニアン、ヨークシャー・テリアなどの小型犬や短頭種などが気管虚脱になりやすいと言われていますが、まれにゴールデン・レトリーバーのような大型犬でもなることがあります。遺伝的素因、肥満や首輪での圧迫、老化がこの病気を引き起こす要因の一つと考えられていて、進行性なので自然に治ることはありません。

犬が気管虚脱になる原因とは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

先天的原因

気管虚脱は、小型犬や短頭種などに多く発症することから、遺伝要因も大きく関係しているのではないかと考えられています。

後天的原因

後天的な原因としては、肥満が関係しているケースがよくあります。犬が肥満になると気管を取り巻く脂肪が増えて、気管を圧迫して潰れやすくなるためです。また、老化で気管の周りの軟骨が柔らかくなることや、リードを引っ張る癖がある犬の場合は、首輪によって気管が圧迫されることも原因の一つだと考えられています。

このように気管虚脱は、さまざまな原因が考えられていますが、明確な原因は明らかになっていないことが多く、はっきりとした予防方法も確立されていないのが現状です。

気管虚脱の主な症状・治療法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

気管虚脱の主な症状

気管虚脱の代表的な症状と言えば、ガチョウが鳴くような「ガーガー」といった咳や、口を開けたままの苦しそうな「ゼーゼー」とした呼吸です。ほかにも、苦しくて動きが止まったり、逆に落ち着かずに動き回ったりすることもあります。ひどいときにはよだれを垂らして喘ぎ、舌などの粘膜が紫色になるチアノーゼを起こして倒れてしまうこともあります。

気管虚脱の診断・治療方法とは?

【診断方法】
気管虚脱はほとんどの場合、レントゲンによって確定診断できます。

【主な治療法】
気管虚脱は症状のコントロールと緩和を目的とした治療を行うことが多く、まずは、鎮咳剤や気管支拡張剤などの薬による内科的治療が行われます。

このような方法で症状が改善されない場合は、外科手術が行われることもあり、呼吸困難を起こしている場合には、酸素吸入などの処置が必要となる場合もあります。

ただし、どのような治療法をしても長期的に見ると再発しやすく、完治が難しい病気と言われています。そのため、飼い主さんの自宅でのケアも、治療と再発予防という点で非常に重要になります。

気管虚脱の自宅での対処法・注意点

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

首輪からハーネスに替える

リードを引っ張って散歩する癖のある犬はもちろん、気管虚脱と診断されたら、気管を圧迫しないためにも首輪からハーネス(胴輪)に変えるのが大切です。

興奮させないようにする

興奮して呼吸が荒くなると気管に負担がかかり、症状が悪化してしまうことがあります。悪化すると呼吸困難となりチアノーゼの症状が現れ、危険な状態に陥るケースも考えられるので、普段はなるべく興奮させないように接するようにしましょう。

適度な運動を心がける

興奮させてはいけないとはいえ、適度な運動は肥満予防のためにも必要です。ドッグランで自由に走り回らせるのは危険ですが、近所を散歩させる程度の運動は気管虚脱の犬でも必要だと言われてます。

肥満に注意する

肥満は気管虚脱の原因の一つです。症状を悪化させないためにも、適度な運動や食事のコントロールで適正体重を保つようにしましょう。

室内の空調管理を徹底する

高温多湿・高温乾燥の場所では犬の呼吸が荒くなり、気管に負担をかけてしまうので注意しましょう。特に夏場は気管虚脱の症状が出やすくなるため、エアコンで空調をしっかりとコントロールしてあげるのが大切です。

このほかにも、定期的な健康診断の受診は症状の進行具合の確認やその他の病気の早期発見にもつながるので、最低でも1年に1回のペースで受けるようにしましょう。なお上記した方法は、再発の予防にも有効だと言われています。症状が落ち着いている犬の場合でも、取り入れることをおすすめします。

他の病気と迷ったら、動物病院を受診して!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

気管虚脱と似た症状の病気は多い!

気管虚脱以外にも「ケンネルコフ」や「僧帽弁閉鎖不全症」など、咳を特徴とする犬の病気はたくさんあります。その中でも気管虚脱と似たような咳の症状が出るのが「逆くしゃみ症候群」です。

この逆くしゃみ症候群は、病気として考えられていないため治療は必要ありませんが、気管虚脱と見分けがつかないと悩む飼い主さんも多いようです。また、逆くしゃみ症候群だと思って様子を見ていたら、気管虚脱で症状が悪化してしまっていたというケースもあるので、注意しましょう。

逆くしゃみ症候群との見分け方とは

逆くしゃみ症候群は、気管虚脱よりも咳の症状が早く治まることが多いと言われているので、この点に注目して様子を見ておくといいかもしれません。また、飼い主さんでは判別が難しい場合は、症状が出たら動画を撮影しておき、獣医師に判断してもらうのもおすすめです。

咳の頻度が高いなど気になることがある場合は動物病院を受診し、レントゲンを撮って確定診断をもらうのも重要ですよ。

前向きに向き合っていくのが大切◎

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

気管虚脱ははっきりとした原因がわからないため、確立された予防法もなく、さらには完治が難しい病気だということがわかりました。

万が一、犬が気管虚脱になってしまった場合は、心配で落ち込んでしまうかもしれませんが、いちばん辛いのは“犬本人”です。まずは信頼できる獣医師と相談しながら、納得のいく治療方針を決めていきましょう!そして、定期的に診察を受けながら、飼い主さんがしっかりと自宅でケアをして前向きに付き合っていくことが大切です。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(気管虚脱)」

出典元/『いぬのきもち』特別編集「チワワとの暮らしがもっと楽しくなる本」(監修:藤田桂一先生)
    『いぬのきもち』WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(気管虚脱)」
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る