1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 知っておきたい【犬の血液型】|性格への影響や輸血の条件とは?

知っておきたい【犬の血液型】|性格への影響や輸血の条件とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の血液型について最近では少しずつ明らかになっていることもありますが、それでもまだ未解明な部分は多く、検査内容も簡易なものに留まっています。そこで今回は、犬の血液型の概要とともに、「もしも」に備える血液型検査についてご紹介します。

犬の血液型、気にしたことある?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

愛犬とのお散歩やドッグランへ出かけたときに、他の犬の飼い主さんと会うと「名前は?」「年は?」などと、お互いの愛犬の話になることが多いでしょう。しかし、そういった会話の中で「犬の血液型」の話をしたことがある人は少ないと思います。

そもそも「犬に血液型はあるの?」と、疑問に思う飼い主さんも多いでしょう。実は犬にも血液型があり、それは人のものとは違う方法で分けられています。それでは、犬の血液型によって何が分かるのか?どうして血液型を知る必要があるのか?など、血液型にまつわる疑問をひも解いていきましょう。

「犬の血液型」特徴や性格への影響について

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬の血液型はDEA式によって分けられる

人の血液型はABO式という分類方法がとられており、A・B・O・AB型の4種類に分けられます。一方、犬の血液型はDEA(Dog Erythrocyte Antigen)式という方法で分類されます。表記方法は異なりますが、ともに血液に含まれる赤血球表面に付着している抗原の種類によって決まっています。

DEAは「犬赤血球抗原」と呼ばれており、いまだ研究中ではありますが、13種類程度に分けられるとされています。DEAは人の血液型より数多く種類があり、分類方法が全く異なることからとても複雑になっています。

DEAは、下記のように数値で分類されています。

・DEA1.1
・DEA1.2
・DEA3
・DEA4
・DEA5
・DEA6
・DEA7
・DEA8

個体数が少ないものを除くと、上記8種類の赤血球抗原が存在しており、人間の血液型と同様にそれぞれ陽性(+)か陰性(−)で細分化されます。

血液型で犬種や性格が分かる?!

A型の人は几帳面、O型の人はおおらかなど、人は「血液型で性格が分かる」と流行した時期もありましたよね。当時は血液型で好きな人との相性診断をした人もいたでしょう。しかし、今では「血液型で性格は分からない」という認識がポピュラーになりつつあります。

それは犬も同じです。赤血球に付いている抗原の状態が性格に影響されるとは考えにくく、犬も血液型から性格を判断することはできないそう。犬の性格は犬種や生活環境、しつけにくわえて、本来持っている素質に左右されます。

犬種で血液型は違うのではないか?と思われる人もいるでしょうが、今のところ血液型の違いは犬種に関係ないとされています。しかし、犬の血液型にはまだまだ解明されていない部分も残されています。研究が進むにつれて、新たな発見もあるかもしれませんね。

急に輸血が必要に…!どんな検査をするの?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ケガや貧血などで輸血が必要となった場合、「血液型判定」を行うことがあります。血液型を調べるとはいえ人のようなABO判定ではなく、犬の場合はDEA1.1という型に対して陽性(+)か陰性(ー)かを調べます。検査センターに血液を送って調べてもらう方法もありますが、緊急時には簡易キットを使用して調べることもあります。ただし、犬の血液型判定はあまり一般的ではないため、簡易キットを常備している病院はかなり少ないようです。

また並行して「交差適合試験」という検査も行います。これは、血液をもらう側の血しょうと血液を送る側の血球、またその逆も合わせて反応をみるものです。

この「血液型判定」と「交差適合試験」は、輸血を行なった際に体内で拒絶反応を引き起こす「抗原抗体反応」が起こらないか確認するために行います。もしも輸血後に「抗原抗体反応」が起こってしまうと、赤血球が壊される溶血が起こり、命に関わることもあります。

このように輸血には細心の注意が必要となるのです。

血液型は細かくわからない

現在の日本では「DEA1.1が陽性(+)か陰性(ー)か」といった基本的な検査が多く、検査センターにおいてもDEA1.1(+)・DEA1.1(ー)・DEA1.2しか調べることはできません。しかし、輸血においてはDEA1.1に対して陽性(+)か陰性(ー)かが重要となってくるので、それがわかれば十分といえます。

なお血液型判定は、人と同様に採血によって行われます。

犬用の血液は足りているの?献血ドナーになるメリット

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

現状では、日本国内に犬や猫などペットのための大規模な血液バンクはありません。そのため愛犬の血液型が分かったとしても、輸血するための血液が十分に手に入らないことも大いにあります。そこで動物病院では以下のような措置がとられています。

・動物病院で飼育されている供給犬から血液を確保する
・医療用の代替血液を使用する
・動物病院同士で助け合って血液を確保する
・ボランティアのドナー犬を募る

ボランティアのドナー犬とは

他の犬を助けることができる!と「うちの犬もドナー犬として活躍させたい」と思う飼い主さんは、獣医師さんへ相談してください。もしドナー犬として登録できれば、場合によっては動物病院から特典がもらえることもあるようです。しかし最も大きなメリットは、なんといっても「犬助け」ができるということ。犬を愛する者同士、助け合いながら共存していきたいですよね。

なおドナー犬の条件は血液型だけでなく、フィラリアやその他感染症への感染歴や輸血歴、妊娠歴がないこと、ワクチンなど基本的な予防接種が行われていること、血液を供給できるだけの体格であることなど、数多くあります。

犬の血液型について理解を深めておくことは、決して無駄なことではありません。この機会に、ぜひ頭の片隅に置いておいてくださいね。

監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る