1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 犬が「きょとん顔」をしているときの心理 よく見られるシーンとは?|獣医師解説

犬と暮らす

UP DATE

犬が「きょとん顔」をしているときの心理 よく見られるシーンとは?|獣医師解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あっけにとられて何をしたらよいかわからなかったり、ただ目を開けてぼんやりとしている様を「きょとん顔」と言うことがあります。

犬もきょとん顔のような表情を見せることがありますが、犬の場合はどのような心理が読み取れるのでしょうか。いぬのきもち獣医師相談室の岡本りさ先生に聞きました。

犬の「きょとん顔」とは?

きょとん顔をする柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
——犬のきょとん顔とは、どのようなときに見られることがありますか?
岡本先生:
「犬が飼い主さんの顔をまじまじと見つめ、きょとん顔をしていることがあると思います。このとき、飼い主さんも犬の顔を見つめているかと思いますが、その様子を見て『飼い主さんはなんで見ているんだろう』と、アイコンタクトを取ろうとしている可能性があるでしょう。

また、犬が何かに夢中になっている最中に飼い主さんの視線に気がつき我にかえったときや、急に名前を呼ばれたとき周囲の音や気配に集中しているときにも、きょとんとした表情を見せることがあります」

犬がきょとん顔をしているときに、注意したいことはある?

きょとん顔をするシー・ズー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
——きょとん顔をしている犬に対して、何か配慮などが必要なケースがありますか?
岡本先生:
「どこか体調が悪そうなどの症状がなければ、特に問題はないでしょう。何か気になる症状を伴う場合には、かかりつけの動物病院に相談してみると安心かもしれません」
きょとん顔をする犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
飼い主さんにアイコンタクトを取ろうとしていたり、何かに集中しているときに、犬はきょとん顔を見せることがあるようです。どのようなシーンで愛犬がきょとん顔をすることがあるか、飼い主さんは観察してみてくださいね!
(監修:いぬのきもち獣医師相談室 獣医師・岡本りさ先生)
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/柴田おまめ
CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る