1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師監修】自宅で犬とプール遊びできる!人気のドッグプールもご紹介

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】自宅で犬とプール遊びできる!人気のドッグプールもご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この夏は、愛犬と一緒に「プール遊び」に挑戦しませんか?ルールやマナーをしっかり守れば、プール遊びにはたくさんのメリットがあるんです。そこで今回は、自宅でのプール遊びの方法や注意点にくわえて、ドッグプールのあるおすすめ施設もご紹介します。

犬のプール遊び、実はメリットがたくさん!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬のプール遊びは日中でも熱中症になりにくいため、水分補給などに注意して行えば、散歩時間が限られがちな夏場の遊びに最適です。また、犬がしっかりと体力を使うことができるので、運動不足解消やストレス発散にもつながります。

他にも、水中は体重による負荷が軽減されるため、ヘルニアや関節・骨格の形成不全などの病気を抱えている犬や、足腰が弱くなった高齢犬のリハビリにも有効です。肥満気味の犬は、ダイエット目的でプール遊びを取り入れるケースもあるようです。

自宅で愛犬とプール遊びをする方法とは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

そんなメリットがたくさんのプール遊び。自宅で行う場合は、どうしたらいいのでしょうか。

まずは愛犬が水遊び好きかチェック

愛犬が水遊びを好きか確認しましょう。最初は、水たまりで怖がらないかチェックします。水たまりがOKだったら、今度は水に入ることができるかみてみましょう。そのあとは「水に全然入らない」「水には入れるけど自分から入らない」など、愛犬の水への接し方をチェックします。「全く入らない」場合は、プール遊びはやめた方が無難かもしれません。

初めてプール遊びする場合は水に慣れさせる

ある程度水への興味がある、また嫌がらない場合は、水に慣れさせるところからスタートしましょう。いきなり深さのあるプールに入れると恐怖心を抱くこともあるので、まずは少なめに水を張って、プールの水で体を濡らしながら慣れさせてあげましょう。

グッズを活用する

水に慣れて遊べるようになったら、水に浮かぶタイプのボールのおもちゃなどを使って「モッテキテ」遊びをすると、より楽しい時間が過ごせるかもしれません。一方、水に慣れても足腰に不安があるときは、犬用のライフジャケットを着てゆっくり泳がせると安心ですよ。

それでは、自宅でプールに入れるのが難しい人や、もっとアクティブにプール遊びしたい人におすすめしたい、ドッグプールのある施設をご紹介します。

わんダフルネイチャーヴィレッジ「ドッグプール」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「わんダフルネイチャーヴィレッジ」は、広大なドックランエリアやバーベキューエリア、オートキャンプフィールドやハイキングコースなど、四季折々の豊かな自然を愛犬と一緒に体験できる施設です。

なかでも、7月~9月に期間限定でオープンする「ドッグプール」は、毎年多くの愛犬家たちでにぎわう人気スポット。こちらは全犬種が楽しむことができ、水の演出などがある「ドッグビーチ」と、小型犬専用の「ドギーズプール」の2種類が用意されています。どちらも遠浅なつくりになっているので、水遊びが初めての犬でも安心ですね。

施設詳細

〒197-0832
東京都あきる野市上代継600
TEL:042-558-5861
営業時間:10:00~17:00

わんダフルネイチャーヴィレッジ「ドッグプール」公式サイト

ペットと泊まれる宿 伊豆高原わんわんパラダイス「わんちゃん専用温水プール」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「伊豆高原わんわんパラダイス」は、ホテル全館が犬同伴OK、カジュアルタイプのホテルです。ホテル内にある「わんちゃん専用温水プール」は、宿泊客はもちろん、日帰りでの利用も可能なので、気軽に立ち寄れますよ。

こちらでは犬用バスタオルやライフジャケットなどの貸し出しもしており、水深10cm程度の小型犬用水遊びコーナーなどもあるので、プール遊びが初めての犬でも安心して遊べるでしょう。また、ドッグランやわんこフォトスタジオなども併設しているので、泊まりがけで行くと楽しい思い出作りになるでしょう!

施設詳細

〒413-0235 
静岡県伊東市大室高原8
TEL:0557-51-6111
営業時間:11:30~15:00(日帰りの場合)

ペットと泊まれる宿 伊豆高原わんわんパラダイス「わんちゃん専用温水プール」公式サイト

ドッグニュース!「ドッグプール」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「ドッグニュース!」では、犬の販売からシャンプー&トリミング、ドッグランにドッグホテル、グッズ販売まで行っています。こちらにあるドッグプールは、広さ約4.5m×5.5m・深さ75cmと、大型犬でも遊べる広々タイプ。

貸し切り(要予約)も可能なので、他の犬や人が苦手な犬や、犬仲間とのオフ会などにもおすすめです。ライフジャケットやバスタオルの貸し出しもありますよ!

施設詳細

〒364ー0004
埼玉県北本市山中1-153-1
TEL:048-593-2143
営業時間:10:00〜19:00

ドッグニュース!「ドッグプール」公式サイト

世界の名犬牧場「ドッグプール」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

広々としたドッグランや、犬とのふれあいコーナーなどが人気を集めるドッグコミュニティパーク「世界の名犬牧場」。こちらでは、7月~9月末の夏のシーズンに解放される人気のドッグプールがあります。

一番深い場所でも水深40cmの「小型犬用プール」と、奥に行くほど深くなる「中・大型犬用プール」の2つの専用プールがあるので、愛犬との夏のレジャーに最適な施設ですよ。

施設詳細

〒371-0105
群馬県前橋市富士見町石井2252-1
TEL: 027-288-1661
営業時間:10:00~18:00

世界の名犬牧場「ドッグプール」公式サイト

犬のプール遊びのマナーや注意点

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

事前にルールと持ち物の確認を

ほとんどのドッグプールは、体調不良時や皮膚病、ヒート(生理)中の犬などは利用はできません。また、ワクチン接種証明書や鑑札など、利用にあたって必要となる持ち物もあります。ドッグプールを利用する際は、事前に必ず規則などを確認しましょう。

プール遊びの注意点

長時間の水遊びは体力の消耗につながるだけではなく、低体温症を引き起こす恐れもあります。愛犬の様子を確認しながら、無理のないように遊びましょう。また、水で毛が濡れたままで外に愛犬を寝かせていると、熱中症になることもあります。「水遊びだから大丈夫」などという油断は禁物です!プール遊びをしている間でも水を飲ませ、炎天下で長時間過ごさせるようなことはやめましょう。

今回は、人気のドッグプールをご紹介しました。プールだけではなく、ドッグランなどが併設されている施設もたくさんあるので、夏の楽しい思い出作りになりそうですね。今回ご紹介した注意点を守りながらのプール遊びは、健康促進にもつながり、楽しい思い出になることでしょう。この夏は、愛犬とプール遊びにチャレンジしてはいかがでしょうか。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「愛犬と水遊びがしたい!初めて水に入れる前に知っておきたい基礎知識」

いぬのきもち WEB MAGAZINE「暑いからって愛犬も毎日水浴び&シャンプー…は危険」

いぬのきもち WEB MAGAZINE「夏のお出かけは愛犬と一緒♪オシャレで実用的な犬のレジャーグッズ」

参考/「いぬのきもち」2016年5月号別冊『水辺の季節に何して遊ぶ!?』(監修:犬のしつけ教室DOGLY ドッグトレーナー 荒井隆嘉先生)
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る