1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 大型犬は小型犬より短命な理由 犬種別平均寿命も

大型犬は小型犬より短命な理由 犬種別平均寿命も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小型犬よりも短命だといわれる大型犬ですが、一説によると、遺伝子や体に対する臓器の大きさなどに寿命との関係があるようです。

今回は、大型犬の犬種別平均寿命や、小型犬よりも短命といわれる理由をわかりやすく解説します。

一般的に体重25kg以上が大型犬とされている

笑顔のゴールデンレトリバー

一般的に大型犬といわれるのは、成犬時の体重が25kg以上の犬種です。おもな大型犬の犬種としては、最近話題の秋田犬やゴールデン・レトリーバー、警察犬で有名なジャーマン・シェパード・ドッグ、狼のような凛々しい出で立ちのシベリアン・ハスキーなどがあげられます。

大型犬の平均寿命

一般社団法人「ペットフード協会」による「平成27年全国犬猫飼育実態調査」では、中・大型犬の平均寿命は「14.02才」と小型犬の平均寿命「14.62才」よりも寿命が短いという結果に。おもな大型犬の犬種別平均寿命は以下の通りです。

  • セント・バーナード(8~10才)

  • ドーベルマン(10~11才)

  • ジャーマン・シェパード・ドッグ(10~12才)

  • グレート・ピレニーズ(10~12才)

  • シベリアン・ハスキー(11~13才)

  • ラブラドール・レトリーバー(12~13才)

  • ゴールデン・レトリーバー(12~13才)

犬種によって差はあるものの、やはり平均寿命は小型犬に比べると短くなってしまう傾向にあるようです。その理由は後述の大型犬の成長スピードや遺伝子などが関係しています。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「大型犬が小型犬より短命な理由とは?寿命や人換算年齢について解説!」

大型犬が短命な理由~成長のスピードがはやい~

ぬいぐるみで遊ぶラブラドール・レトリーバー

大型犬の成長スピードは、生後12カ月で人の12歳相当、13カ月目からは

12+(犬の年齢-1)✕7=「大型犬の人年齢」

という具合に、年齢の重ね方が変わってきます。

また、小型犬では12カ月で人の17歳相当、13カ月目からは

(犬の年齢+4)✕4=「小型犬の人年齢」

として計算します。

実際に計算をしてみると、4才を越えたあたりから大型犬の成長スピードが小型犬よりも早くなることがわかります。その理由については未だに詳しくわかっていませんが、一説によると小型犬よりも大型犬の方が細胞分裂の回数が多く、がん細胞の発生率が高まることが原因ではないかと考えられています。

大型犬が短命な理由~臓器の大きさと遺伝子の関係~

冬支度のイングリッシュポインター

ほかにも、大型犬は小型犬よりも、体の大きさと比較して臓器が小さいことがわかっていて、日常的に臓器にかける負担が大きいため、小型犬よりも短命なのではないかという見解もあります。また、体の大きさを決定する成長ホルモンの一種「IGF-1因子」が多いと、短命になる傾向があるとの指摘もあり、この量が多くなる大型犬の寿命と関係しているのではないという考え方もあるようです。

体の大きさを問わず、愛犬には長生きしてほしいもの。体に何かと負荷がかかりやすい大型犬ですから、飼い主さんは、運動量やフードの量を調節するなど工夫し、肥満にならないように気を付けてあげましょう。

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『大型犬が小型犬より短命な理由とは?寿命や人換算年齢について解説!』(監修:いぬのきもち相談室獣医師)
文/takemori.m
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る