1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. そそう・噛む……子犬期にあるある!な困りごとにカンタン解決策

犬と暮らす

UP DATE

そそう・噛む……子犬期にあるある!な困りごとにカンタン解決策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子犬期はまだしつけが完璧ではなかったり、好奇心旺盛なことによる困りごとが多数。その中で上位に挙がってきた困りごとについて、その解決策をアドバイスします!

人の体を噛んだり、物を噛んで困ってます!

子犬期の中でも歯が生え変わる3週齢~8カ月齢は、歯がムズムズする違和感を解消しようと、さまざまなものを噛みやすくなります。動くものを獲物と思う習性もあいまって、ものだけでなく、人の手や足を噛んでしまうことも多い時期です。

噛みたい欲求を満たすため、犬が噛んでもOKなおもちゃを与える

子犬の紙は本能的な行動なので、完全にやめさせるのは難しいです。噛まれても大丈夫な木製のおもちゃやゴム製のおもちゃを与えて、思う存分噛ませましょう。すると、噛みたい欲求が満たされるので、困った噛みは徐々に減っていきます。

ゴミ箱やティッシュ箱などをイタズラされて困っています!

イタズラされがちなゴミ箱やティッシュ箱は、犬が触れやすい場所に置いてあることが多く、好奇心旺盛な子犬には気になるものです。鼻で突いたりしているうちに、中から物が出てくることが楽しくなってイタズラが始まります。

イタズラされないように先回りして対策する

一度でも楽しい経験をさせると、その後もずっと続く可能性があります。イタズラされて困るものは愛犬の届かないところにしまったり、ゴミ箱にはフタをつけたりして、イタズラされないようにしましょう。

イタズラ防止に効くハウスやマッテ、オイデを教える

飼い主さんがちょっと目を離したすきにイタズラしてしまうなら、その場から動かないようにする「マッテ」や、イタズラするものに向かう愛犬を呼び寄せる「オイデ」などの指示しつけを教えて防ぎましょう。長時間見ていられないときは、ハウスに入れましょう。

いかがでしたか?
子犬期はさまざまな困りごとが出てきやすい時期ですから、しつけや対策をしっかり行いましょう!

参考/いぬのきもち18年3月号「年代別 愛犬の困りごとランキング」(監修:「Can! Do! Pet Dog School」代表 西川文二先生)
文/melanie
※「いぬのきもち作り隊」モニターアンケート2017年10月号実施(198人回答・重複回答含む)

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る