1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬の健康を考える! サプリメントとの上手な付き合い方とは

愛犬の健康を考える! サプリメントとの上手な付き合い方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまな種類が販売されている犬用のサプリメントですが、「うちの子にも必要なの?」「副作用はないの?」などの疑問をお持ちではないでしょうか。

今回は、そういった疑問にお答えしながら、サプリメントとの上手な付き合い方について解説します。

犬用サプリメントとは

ワイルドにかぶりつくナッツちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ふだんの食事で不足しがちな栄養素を補給したり、体の気になるところをサポートしたりする食品のことをサプリメントと言います。おなかの調子を保つものや、健康な関節を守るものなど、種類が多く購入もしやすいため、気軽に取り入れることができるでしょう。

選べる形状

主に、錠剤・粉末・液体・ペーストの種類があり、同じ成分でも形状が違うものもあります。また、肉やミルクの風味がついているタイプもあり、愛犬の飲みやすいものを選ぶことができます。

薬ではない

法律上、サプリメントは食品になります。そのため、医薬品に分類される薬や漢方薬と違い、獣医師の処方箋がなくても購入できるメリットがあります。

副作用は、ほとんどない

持病がある犬は、まれに副作用を起こすことがありますが、命にかかわるような重大な副作用を起こすことは少ないです。ただし、食物アレルギーがある場合には注意が必要です。サプリメントの中に、アレルギーを引き起こす成分が入っていたらアレルギー反応を起こすことがあります。持病やアレルギーがある犬の場合は、与える前に獣医師に相談しましょう。

サプリメントは飲ませたほうがいいの?

ご飯を食べるモコちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

毎日、総合栄養食のドッグフードをしっかりと食べることができている健康な犬ならば、基本的に飲ませなくてOK。しかし、健康な場合でも、シニア犬の関節の健康、成犬のお口のケア、子犬のおなかの健康維持などの目的で与えることを考えてもいいようです。

子犬にサプリメントを与えても基本的には大丈夫ですが、子犬用か年齢制限がないものにしたほうがより安心です。

サプリメントの選び方

どれから食べようか迷うラガーちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

良質なものを選ぶ

数多くのサプリメントが販売されていますが、できれば良質なものを選びたいですね。ひとつの目安として、パッケージやメーカーのホームページに、すべての成分と含有量を公開していることがあげられます。

また、動物病院に置いてあるサプリメントは、獣医師が慎重に選んだものですので良質なものが多いといえるでしょう。

愛犬に合うサプリメントを選ぼう

かかりつけ医に相談することをおすすめします。体質や持病、もし薬を服用しているのならば、そのこともすべて把握しているので、愛犬の状態に合ったものを提案してくれることも。また、事前に相談することで、副作用などのリスクを減らすことができます。

気をつけること

ご飯を目でうったえるロンちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

人用のサプリメントは与えない

ニンニクやキシリトールなど、人にとっては大丈夫なものでも、犬に与えると嘔吐や下痢、低血糖などを引き起こす原因となってしまいます。自己判断で人用のサプリメントを与えるのは、絶対にやめましょう。

組み合わせに注意

サプリメント同士で飲み合わせが悪いものもあります。また、成分が重複すると過剰摂取になって体調を崩すことも。複数のサプリメントを使う場合は、獣医師に相談しましょう。

さまざまな種類や形状があり、飲みやすさにも工夫がされているサプリメント。ふだんの健康管理をしっかりすることが大切ですが、その上でサプリメントをうまく活用できるよう、上手な付き合い方を検討していきましょう。

参考/「いぬのきもち」2018年11月号『健康でも与えたほうがいいの?副作用はある?……etc. 知っておきたい 犬のサプリメントのことQ&A』(監修:モノカどうぶつ病院院長 小林清佳先生)
文/gyo
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る