1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の「平均寿命」はどれくらい? 長寿の秘訣も解説!

犬と暮らす

UP DATE

犬の「平均寿命」はどれくらい? 長寿の秘訣も解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬にも寿命がありますが、じつは超小型犬・小型犬・中型犬・大型犬で異なるのだそうです。

今回は「犬の平均寿命」について、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説。長生きの秘訣についても見ていきましょう!

犬の平均寿命はどれくらい?

Getty

犬の平均寿命は、体の大きさによって違います。超小型犬・小型犬・中型犬・大型犬で、それぞれ成長の早さが違いますし、成犬になる時期も違うので、結果として平均寿命が変わってくるのです。

平均寿命を越えたら、長生きといえるでしょう。

超小型犬の平均寿命

一般的に、成犬の体重が5kg以下を「超小型犬」といい、チワワ、ポメラニアン、ヨークシャー・テリアなどがこれにあたります。

平均寿命は15才くらいだといわれています。

小型犬の平均寿命

5~10kgを「小型犬」といい、トイ・プードル、ミニチュア・ダックスフンドなどがこれにあたります。

平均寿命は14才くらいだといわれています。

中型犬の平均寿命

Getty

10~20kgを「中型犬」といい、ウェルシュ・コーギー、ビーグル、柴などがこれにあたります。

平均寿命は13才くらいだといわれています。

大型犬の平均寿命

20~40kgは「大型犬」といい、ラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバーなどがこれにあたります。

平均寿命は10~12才くらいだといわれています。


上記のように分けられますが、さらに犬種によって多少の違いがあります。

犬の長寿の秘訣とは?

Getty

犬の長寿の秘訣としては、まずは食事の管理です。「総合栄養食だけを適切な量与える」「人の食べているものは与えない」ことなどを気をつけてください。

Getty

また、定期的に健康診断をすることも大切です。愛犬の調子が悪くないと、病院へ行く必要がないと思いがちかもしれません。

しかし、健康なときに検査をしておくことによって、異変があったときのデータと比べられますし、症状に出ていない「わずかな異変」に気づくことができまます。

それと関連して、犬種によってかかりやすい病気があることを把握しておくこともいいと思います。知っていることで、予防できる病気もあるからです。

子犬を産ませないなら、避妊・去勢手術も検討してみよう

Getty

最後に、愛犬に子犬を産ませるつもりがないのであれば、若いうちに避妊・去勢をすることをおすすめします。

避妊・去勢をしないでいると、将来的に生殖器の病気にかかる確率がとても高いからです。


愛犬が長生きできるように、飼い主さんができる食事管理、健康診断につれて行くことを、ぜひ心がけてみてくださいね!

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/Honoka

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る