1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬が旅立つ前に見せるしぐさや予兆に気がついた時、飼い主さんができること

犬と暮らす

UP DATE

犬が旅立つ前に見せるしぐさや予兆に気がついた時、飼い主さんができること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
可愛いヨーキー 犬が旅立つ前に見せるしぐさや予兆に気がついた時、飼い主さんができること
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ずっと一緒に過ごしてきた犬との別れは、とてもつらい経験です。犬は亡くなる前に、旅立ちが近いことを知らせる”仕草”や予兆”を見せることがあります。

今回は「愛犬の死が近づいているかも?」と感じたときに、飼い主さんができることについて獣医師に取材を行いました。

犬の亡くなる前に見せる"予兆"や"異変"に気がつく

犬は亡くなる前になると、食欲が落ちたり、一切何も食べ物も飲み物も口にしないことが多く、摂取する水分や食事が少なくなることで、尿も便も量が少なくなり、眠る時間も多くなっていきます。

その後、死が近づくと、けいれんを起こしたり、呼吸が不規則になる、呼びかけに反応がなくなる、下痢や失禁といった変化がみられることもありますが、ご飯もしっかり食べて元気だったのに突然亡くなってしまうというケースもあるので、必ず"予兆"があるという訳ではありません。

少しでも愛犬と一緒にいたい!できることを獣医さんに聞いてみた

可愛いポメちゃん 犬が旅立つ前に見せるしぐさや予兆に気がついた時飼い主さんができること
いぬのきもち投稿写真ギャラリー


愛犬のサポートをしてあげましょう

犬の近くで声をかけて優しく落ち着かせてあげる、水分補給と口の中の乾燥を防ぐためにスポイトやコットンで口を湿らせてあげる、床ずれを防ぐための寝返りを行うなど、愛犬をサポートしてあげましょう。

おしっこやうんちが出なくなったときにできること

「おしっこやうんちが出なくなって、愛犬がどんどん衰弱していくのを黙って見過ごせない」

獣医師の回答:お水も食べ物も少しずつ与えてみましょう。犬にとっては飼い主さんと一緒にいることが何よりも喜びなので、そばで見守ってあげてください。

愛犬が旅立つ予兆を感じたときにできること

「愛犬に死ぬ予兆があったときはどうしたらいい?」

獣医師の回答:できるだけ一緒の時間を過ごし、抱っこ、撫でてあげる、話しかけてあげることが犬にとっての一番の喜びだと思います。

いつかやってくる愛犬とのお別れ

虹とチワワ 犬が旅立つ前に見せるしぐさや予兆に気がついた時飼い主さんができること
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬の体や気持ちが旅立ちを決める

「いよいよというときにできることは?」

獣医師の回答:犬の気持ちや体が決めた旅立ちの意思を尊重して見守ってあげること、愛犬を無理に頑張らせずに、旅立つと決めた犬を引き留めないことも、愛犬のために飼い主さんが最期にしてあげられる温かい愛情なのかもしれません。とても悲しいことですが、今まで一緒に生活した犬に感謝の気持ちをもって送り出してあげてほしいです。

いぬのきもちWEB MAGAZINE|予兆に気づいてあげたい、犬が亡くなる前に見せる体や行動の変化・異変

監修・獣医師インタビュー:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る