1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. ロープトイで遊ぶとイイコトづくめ! 楽しいだけじゃない意外なメリット3つ

犬と暮らす

UP DATE

ロープトイで遊ぶとイイコトづくめ! 楽しいだけじゃない意外なメリット3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康維持やしつけにも役立つ「ロープトイ」遊びがおすすめ!

愛犬が大好きなおもちゃ遊び。
中でも「ロープトイ(ロープのような形状のおもちゃ)」を使った遊びは、愛犬の遊びたい気持ちや、さまざまな欲求を満たしてあげられるだけでなく、健康維持やしつけ面でもメリットがあるとご存知ですか?
そこで今回は、ロープトイを使った編集室おすすめの遊び方をご紹介します!

デンタルケアも期待できる「カミカミ遊び」

ロープトイを愛犬に噛ませるだけという、とってもかんたんな遊び方です。
オスワリなどをさせたら、その指示に従ったごほうびとしてロープトイを渡してあげましょう。
犬がもつ「何かを噛みたい」という欲求を満たすことができ、ストレス解消に◎。
さらに、おもちゃを噛むことで、歯の表面の汚れや歯垢をこそげ落とす効果が期待できるそうです。
ただ噛ませるだけでストレスが発散できて、歯のケアも期待できるだなんて、まさに一石二鳥ですね!

ただ注意したいのが、遊び初めと遊び終り。
おもちゃ遊びは、飼い主さん主導で始めて、犬が飽きないうちに終わりにするようにしましょう。
愛犬は「飼い主さんとまた遊びたい!」と思うので、関係性アップにつながり、おもちゃ自体にも飽きにくくなります。
これは、次に紹介する「引っ張りっこ遊び」も同様です。

犬の本能を満たせる「引っ張りっこ遊び」

犬は「動く獲物を捕まえたい!」という本能をもっています。
そのため、飼い主さんがロープトイの端を持っておもちゃを振ると、それを「捕まえたい!」と愛犬は噛んでくるはず。
愛犬がおもちゃをくわえたら、あとはロープをいろいろと動かして引っ張らせて楽しみましょう。

このとき、途中で愛犬がうなりだしたら、興奮しすぎのサインかも。
「オシマイ!」などの指示で口からおもちゃを離させ、落ち着いたら再び遊びましょう。

「オシマイ!」「チョウダイ!」などを教えていない場合は、フードやおやつを見せておもちゃと交換を。

このように、適度におもちゃを口から離させて休憩させることで、興奮しすぎることを防げ、さらにはクールダウンすることを犬に教えながら遊べます。

ちなみに、興奮させすぎてしまって「おやつを見せてもおもちゃを離さない!」という場合は、思い切っておもちゃから手を離してみて。
愛犬は「引っ張られるから引っ張り返す」ことが楽しくて遊んでいたので、引っ張られなくなったおもちゃには、しばらくすると興味がなくなって、口から離すはずですよ。

ロープトイに興味を持たせるコツ

メリットたくさんのロープトイ遊びですが、愛犬がいまいちおもちゃに食いついてくれないこともありますよね?
そんなときは、次のことを試してみましょう。

興味のもたせ方1:目の前で動かして興味を引く!

犬には「動くものを追いかけたい!」と思う本能があります。
そのため、愛犬の目の前で上手におもちゃを動かすと、その動きにつられておもちゃに食いついてくれる可能性が!
たとえばニョロニョロとヘビのように動かしたり、サッと動かしては止めることを繰り返したりして、変化をつけておもちゃを動かしてみましょう。

興味のもたせ方2:おやつをはさむ!

ロープの結び目の隙間に、ジャーキーなどの少しかためのおやつをはさみます。
おやつをはさんだ部分を愛犬の鼻に近づけてニオイをかがせ、おもちゃに興味をもたせましょう。

いかがでしたか?
「ロープトイ」を使った遊びは、歯のケアが期待できて、犬の本能や欲求を満たしてストレス発散にもなり、しつけ面でも役立つという、とても万能な遊びです。
今日は散歩へ行けない、などという日は、おうちのなかでいっしょにロープトイ遊びをしてあげるといいかもしれませんね!


なお、いぬのきもち最新号では、このほかにもロープトイを使った遊び方を紹介しています。
せひ参考にしてみてください!

いぬのきもち最新号の情報を見る

参考/「いぬのきもち」2019年3号『バラのロープトイ 7つの遊び方』(Canine Relationz主宰 藤本聖香先生)
文/いぬのきもちWeb編集室

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る