1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しつけ
  4. 愛犬がいうことをきいてくれない…愛犬を宇宙人と思うとうまくいく?!

犬と暮らす

UP DATE

愛犬がいうことをきいてくれない…愛犬を宇宙人と思うとうまくいく?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬との生活では、さまざまな困りごとが出てきます。困りごとがなかなか直らないと、「どうしてわかってくれないのー!」とストレスをためてしまうことも多いのではないでしょうか?
でも、考えてみれば、しゃべれない愛犬になかなか伝わらないのは当たり前。だから発想をかえて、愛犬を言葉の通じない「宇宙人」だと思って接してみましょう!
今までの伝え方の間違いがわかり、どうしたらいいのかがわかってきますよ!

困りごと1:部屋中どこでもオシッコをする

言葉で伝えるのではなく、トイレに連れていって「ここがトイレだ」と伝えよう

犬にとっては、自分が行けるところはすべてオシッコしていいところ。そもそもトイレなんてものも知らないのです。トイレの場所は言葉では伝わらないので、クレートからトイレに直行する方法で、トイレの場所を教えましょう!

1)クレートの中で過ごさせる
自由に歩けると、犬はあちこちでオシッコをしてしまいがち。まずはクレート(持ち運びできる犬用ハウス)に入れるようにしましょう。

2)クレートからトイレに連れて行
3時間ほどすると犬はオシッコをしたくなります。飼い主さんがクレートから出して抱き上げ、トイレに直接連れていきましょう。

3)オシッコできたらほめる
犬がトイレで排泄できたら、あらかじめ用意しておいたフードを与えてほめ、犬に「ここがトイレだ」と伝えます。

4)自分で歩いて行けるように誘導する
直接連れていくことを数回繰り返したら、歩いてトイレに行かせる練習を。フードのニオイをかがせながら、クレートからトイレまで飼い主さんが誘導しましょう。

困りごと2:窓の外を見て吠える

「吠えちゃダメ」ではわからないので、外を見せない工夫をしよう

犬にとって自分の縄張りを守るのはとても大切なこと。窓の外を通りがかった見知らぬ人に吠えかかる行動は、遺伝子に組み込まれているため、仕方のないことなのです。いくら言葉で言っても、どうして怒られているのかわかりませんから、愛犬から外が見えないよう、カーテンで目隠しをしましょう。また、ホームセンターなどで購入できる目隠しシートを貼るのも手です。

いかがでしたか?
愛犬が困ったことをするとつい叱ってしまいがちですが、相手はいわば宇宙人! なぜ叱られているのかはわかりません。犬の本能や習性を知って、愛犬に「どうしたらいいか」を伝えると、困りごとがグッと減るはずですよ!

参考/いぬのきもち16年2月号「愛犬と気持ちが通じるつきあいかた」(監修:しつけスクール「Can! Do! Pet Dog School」代表 西川文二先生)
イラスト/村澤綾香
文/melanie

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る