1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師監修】犬にチョコレートはNG!理由と誤食時の対処法

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬にチョコレートはNG!理由と誤食時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬に与えてはいけない食品のひとつとして知られているチョコレート。しかしダメなことはなんとなく知っていても、どうしてダメなのか、どんな影響があるのか知らない飼い主さんも少なくありません。万一のときのためにも、しっかりと把握しておきましょう。


目次

犬にチョコレートはNG!その理由はチョコレートに含まれているあの成分

チョコレート中毒ってどんな症状?

犬がチョコレートを食べてしまった!知っておきたい対処法

犬が誤って食べないよう、細心の注意を!

犬にチョコレートはNG!その理由はチョコレートに含まれているあの成分

笑顔の二匹
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

チョコレートにはテオブロミンという成分が多く含まれています。テオブロミンはチョコレートの原料であるカカオ豆に含まれる苦み成分で、チョコレートと同じくカカオ豆から作られるココアにも多く含まれています。
テオブロミンはアルカロイドの一種で、心臓の動きを促進して血管を拡張させ、一部の筋肉エネルギーを上昇させる作用があるといわれています。一方で摂取量が多すぎると、嘔吐やけいれん、発熱、心臓発作などを引き起こす恐れがあります。こうした影響は犬だけに限らず、猫などほかの動物や人でも、過剰に摂取すると最悪死に至ることも。
とはいっても、人の場合はテオブロミンを体内で素早く処理することができるため、あまり心配はいりません。一方で犬は人のように体内で素早く処理ができないので、体内に長時間留まり、危険な影響を及ぼす恐れがあります。

チョコレートの致死量ってどのくらい?

チョコレートの種類によって含まれているテオブロミンの量が変わるため、チョコレートの致死量も種類によって変化します。
例えば犬が興味を示しやすい甘いミルクチョコレートはテオブロミンの含有量が少ないので、4kgの小型犬なら約195gが目安となります。またダークチョコレートやビターチョコレートの場合は、テオブロミンの含有量が多い傾向にあるため、4kgの犬の場合は88gが目安となります。これは板チョコが1枚45g~50gだとすると、換算して約2枚分。セミスイートや製菓用のチョコレートも81gが目安となるので、板チョコ2枚分ほどが致死量と判断できます。
ただし、これはあくまでも致死量に注目した場合の量であり、中毒症状を発症する可能性のあるテオブロミンの量はさらに少ない摂取量でもリスクがあるため、注意が必要です。

こうして数字を並べていくと、市販のチョコのテオブロミンの量なんて分からない! となりそうですが、イメージとしては苦いチョコレートほどその量が多いと考えてください。特に高カカオチョコレートは少量でも危険な可能性があります。

意外に怖いのがココア

ここでひとつ気を付けたいのが、ココア粉末です。チョコレートばかりを意識していると見落としがちですが、先述したようにココアもチョコレートと同じくカカオ豆からできています。そのためテオブロミンの含有量も多く、ピュアココアパウダーの場合、4kgの犬で大さじ1杯強、致死量はたったの16gです。ココアについてもチョコレート同様に、さらに少ない量でも中毒の可能性があると考えます。
ココアはクッキーやケーキなど人間用の食べ物にはよく使われていますので、テーブルの上など犬の手の届く位置にココア菓子を置かないように注意しましょう。また、ココアパウダーは微風でも飛び散りやすい一面があるため、調理などに使った際に周囲に散っていないかチェックし、愛犬が舐めたりすることがないようにしっかりと掃除をおこないましょう。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「このデザート、犬に与えてOK? NG?犬が食べてもいい・食べてはいけないデザート」

いぬのきもち WEB MAGAZINE「誤食は愛犬の命に関わることも|特に危険度の高い誤食物を覚えておこう!」

チョコレート中毒ってどんな症状?

おもちゃで遊ぶラビーちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

先述したように、犬は人ほどテオブロミンの分解速度が速くありません。犬も人もテオブロミンの分解は肝臓で行われますが、その速度は人の半分以下だといわれています。そのためテオブロミンの持つ作用が過剰に体に作用されやすいのです。
もちろん犬にも個体差がありますので、チョコレートを食べたからといってすべての犬が中毒症状を起こすわけではありません。食べてもなんともない犬もいれば、少量口にしただけで症状が出る犬もいます。
症状としては、嘔吐、下痢、喘ぎ、失禁、動悸、神経過敏、興奮、頻脈、心臓のリズム障害、昏睡、痙攣などがあげられます。これらの症状が出てから時間が経過してしまうと、最悪の場合死に至るケースもあります。

犬がチョコレートを食べてしまった!知っておきたい対処法

不思議そうなココちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

チョコレートの摂取直後であれば、胃の中の物を吐き出させることによって防げる可能性があります。しかし犬と飼い主さんの安全を確保して吐かせるのは、素人にはなかなか難しい場合が多いでしょう。その場合は無理におこなわず、すぐに動物病院に連れて行って、獣医師に診てもらうことをおすすめします。
その際に、「いつごろ」「どんな種類のチョコレートを」「どのくらいの量食べたのか」を伝えると、より的確な判断を仰ぎやすいでしょう。

動物病院で行われる治療は、主として対症療法です。解毒治療などは現時点で存在しないため、毒の影響が強まる前に飼い主さんが素早い行動をおこすことが、愛犬を救えるかどうかのカギ。時間を置かずに嘔吐や胃洗浄、点滴や投薬などの適切な治療を行うことで、最悪のケースを防げる可能性が高まります。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「犬の「誤飲」の対処法とは?最悪の場合は開腹手術や死に至ることも」

犬が誤って食べないよう、細心の注意を!

満面の笑顔の柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

チョコレートに含まれるテオブロミンが犬に与える影響はとても大きいものです。犬の体質が分からない以上、少量でも犬の口に入るのは避けたいですよね。
愛犬が万一にも口にしないよう、チョコレートやチョコレート菓子、ココア菓子などの扱いには細心の注意を払うようにしましょう。必ず戸棚の中などにしまう、開封済みのお菓子は密閉できるボックスにいれるなど、生活習慣の一環として組み込んでしまうのがおすすめです。

人にとっては魅力的なお菓子であるチョコレートも、犬にとっては毒となってしまう可能性を秘めています。しかしその理由と対処法を把握しておけば、危険な状況になる確率は低く抑えられるはず。愛犬の健康を守るためにも、ぜひ気をつけてあげてくださいね。

参考/「いぬのきもち」特別編集『犬の食べ物図鑑 与えてOK?NG? 2017最新版』(監修:高円寺アニマルクリニック院長 高﨑一哉先生)
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る