1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. ストレス
  5. コミュニケーション不足かも? 寂しい犬のストレスサインに気がついて!

犬と暮らす

UP DATE

コミュニケーション不足かも? 寂しい犬のストレスサインに気がついて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬のストレスサインに気がついていますか?気になる仕草、もしかしたら「もっと構ってよ〜」という愛犬からのサインかもしれません。ここでは、寂しい犬のストレスサインについてご紹介します。

ストレスで犬の心も体も病気になる

口角がぎゅっと上がってるよ!ニンマリ♪
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は寂しさを感じると仕草や行動でストレスを表現することがあります。犬に大きなストレスがかかり続ける生活は、犬の心や体の病気の原因となることがあります。

寂しい犬の4つのストレスサイン

なんだか嬉しそうだね♪
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんとのコミュニケーションが不足から、犬がストレスを表現している可能性のある、4つのサインをご紹介します。深刻な病気を抱えている場合もあるので、できるだけ早くストレスに気がついてあげましょう。

①自分の体をかく、なめる、噛む

飼い主さんとのコミュニケーション不足がストレスとなって、愛犬が頻繁に体をかく、ずっと足をなめている、噛んでいる、皮膚が炎症を起こしているなど、気になることはありませんか?

自分の体をなめたり噛んだりする犬は、ストレスを抱えていることが多いです。また、ずっと足をなめている犬は、「常同行動」といって、心の病気の可能性もあります。

②同じ動きを繰り返す

愛犬をサークルなどに入れているときに、同じ場所をウロウロしたり、尻尾をぐるぐる追いかけ続けるなど、同じ動きを繰り返していることはありませんか?これも「常同行動」の1つです。

③異常に食べたがる

コミュニュケーション不足のストレスから、食欲が強くなって、異常に食べたがる「肥満症」という病気もあります。飼い主さんを見ると食べたがる場合が多いです。

肥満症は、家族と犬が触れ合う時間が少なかったり、お散歩や一緒に遊ぶ機会が少ない犬に発症しやすいといわれています。

④さまざまな病気になる

犬に長期間ストレスがかかると、脱毛や胃腸障害、不安症、無気力症、泌尿器系の病気、皮膚炎などになったり、もともとある持病が悪化することもあります。

愛犬と触れ合う時間を大切に

ね〜ね〜、遊ぼうよ!
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

最近、触れ合う時間が少ないと思ったら、愛犬との生活を見直してみてはいかがですか?もっと遊んで欲しい!構って欲しい!という気持ちが叶わない愛犬が、寂しい思いをしているかもしれませんよ。

一緒に遊ぶ時間を増やすなど、愛犬と触れ合う時間を大切にしましょう。

いぬのきもちWEB MAGAZINE|愛犬との時間、足りてる? 飼い主さんとのふれあい不足による犬のストレスサイン

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る