1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬に愛される飼い主の3つの特徴 あなたはいくつ当てはまる?

犬と暮らす

UP DATE

犬に愛される飼い主の3つの特徴 あなたはいくつ当てはまる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私って、本当に愛犬に信頼されているのかな? 呼んでもきてくれないときがあるのはなぜ?愛犬の行動について、考えてしまうことはありませんか? 

犬は「楽しい・嬉しい・安心する」気分にさせてくれる人が大好き!飼い主さんとの信頼関係もここから生まれます。この記事では、犬に愛される飼い主の3つの特徴をご紹介します。

1、絶妙なタイミングで褒めてくれる人

とっても可愛いわんこ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は、指示に従ったその時に絶妙なタイミングで褒めてもらえると「〇〇をすると、いいことや楽しいことがある」と学習しやすいので、結果的に、人と犬の絆がより深まります。

「いいこだね」「お利口だね」「偉いね」「GOOD」こんな声をかけてもらえたら犬は嬉しくなってしまうでしょう。

2、ニコニコとした笑顔で、優しい声をかけてくれる人

なでなでして〜。
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

声が大きい人や急に低い声を出す人は、犬が怖がったり警戒されてしまいがち。また、いつも眉間にシワがよるなど怖い顔をしている、いつも犬の名前を怒鳴って呼んでいる、叱ってばかりいると、犬は近付いてこなくなってしまうかもしれません。

いつもの自分の声よりも少しだけ高めの、落ち着いた優しい声で名前を呼んであげてみてください。いつもニコニコした笑顔で犬に優しく声をかけ、体を優しく撫でてあげると、犬も安心できるでしょう。

3、焦らずゆっくりした動作で接してくれる人

なでておねだりのポーズ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は警戒心の強い動物なので、早い動きや想定外の動きをする人が苦手です。犬に愛されるためには、犬が驚くような突発的な動作を避け、意識的にゆっくりとした動作で、犬の緊張を解いてあげましょう。

仲良くなりたいからといって、犬の体に急に触ろうとしたり、無理に距離感を縮めようとはせず、焦らず気長にじっくりと愛犬との関係を築く意識も大切です。

犬を喜ばせる引き出しをたくさん探しておこう!

犬は犬好きな人を見抜くことができるといわれています。犬好きな人は、犬とのコミュニケーションのコツがわかっていて、好かれる接し方にもバリエーションがあるからかもしれません。

犬がお腹をみせてスリスリしたり、後ろからついて歩く、体をくっつけて寝るようになった、飼い主に注目している時間が多くなった、こんな行動が増えたら犬に好かれているサインです。犬を喜ばせる引き出しをたくさん探して、愛犬ともっと仲良くなりましょう!

いぬのきもちWEB MAGAZINE|「犬が一緒にいたくなる人」ってどんな人?「一緒にいたくない人」も


監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る