1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 使っているIoTサービス部門ランキング いぬのきもちユーザー人気ランキング2019

犬と暮らす

UP DATE

使っているIoTサービス部門ランキング いぬのきもちユーザー人気ランキング2019

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アプリ「いぬのきもち・ねこのきもち」で実施したアンケートの結果を大発表!(2019年5月実施)今いちばん飼い主さんに人気のアイテムがわかります。「使っているIoTサービス部門」の結果はこちら!(回答者数 340人)
IoTとは「Internet of Things」の略で、「モノのインターネット化」などと表現されることもあります。単身家庭や共働き世帯の増加で、愛犬だけで留守番させる機会が増加。それに伴って外出先から愛犬の様子を確認できるシステムなど、愛犬家向けのIoTサービスが増えつつあります。ランキング結果も、そんな情勢を反映しているようです。

1位 見守りカメラ

「平日の日中は愛犬だけでお留守番」というパターンが少なくない昨今。留守番中に愛犬がどうしているか心配に思う飼い主さんが多いからなのでしょう、留守番中の愛犬を確認できる見守りカメラがダントツの1位という結果に。

たとえばこんなモデルがオススメ!
「HDペットカメラ KX-HDN205-K」
オープン価格/パナソニック

留守番中の愛犬を高画質でチェックできる、首振り機能つきカメラ
左右約360度、上下約90度の首振り機能がついた見守りカメラ。スマートフォンでカメラの首振り機能を操作できるので、愛犬を探しやすくて便利です。200万画素(フルHD)の高画質でチェックでき、録画機能(※)も搭載しているので、ふだん見ることのできない愛犬の意外な様子をじっくり楽しむこともできます。
(※)録画には別売りのSDカードが必要です。

外出先のスマートフォンから愛犬の様子を高画質で見守りできます。動きを検出した方向にカメラが自動的に向く自動追尾機能も搭載。

スマートフォン画面を上下左右に動かして愛犬の様子を確認できます。

「HDペットカメラは愛犬のお留守番におすすめの商品です。外出先から高画質でかわいい様子を確認できますし、首振り機能で動き回る愛犬を見つけられます。さらに、自動追尾機能で操作をしなくても確認ができたり、スマートフォンから声掛けができたり温度センサーがついているなど、愛犬との生活が楽しくなること間違いなしのおすすめ商品です」(パナソニック株式会社 ココンシューマーマーケティングジャパン本部 スマートライフネットワーク商品部 近藤 譲さん)

https://panasonic.jp/hns/products/hdn205.html

2位 自動給餌器

長時間のお留守番でも、遠隔操作でゴハンを出せる!
愛犬の留守番時にあると便利なのが自動給餌器です。一昔前の給餌器はタイマー設定をすることで給餌していましたが、IoTの自動給餌器は、外出先からスマートフォンなどでリモート給餌できるように。急な残業で帰宅が遅くなっても、ゴハンを与えることができるので安心です。中には見守りカメラ機能を搭載したものもあってとても便利!

ちなみに! 興味があるペット用IoT機器・IoTサービスランキング 

まだ利用はしていないものの、今後取り入れてみたい、あるいは興味のあるIoT機器・サービスを調査したところ、1位・見守りカメラ、2位・GPS機能つき首輪、3位・自動給餌器という結果に。
1位、3位は、前述のランキング結果でもふれたように、留守番がちな犬が増えていることがランクインの背景にありそうです。
2位のGPS機能つき首輪は、たとえば災害時に予期せず愛犬が迷子になってしまった、脱走してしまった、などという場合、装着していれば追跡しやすくなる可能性が。
回答者数:340人(複数回答)

まだあるこんなIoTサービス

愛犬の映像のみを送ってくれる機能も!AI搭載の見守りサービス
外出先からスマートフォンで留守番中の愛犬の様子をチェックできる「ペットみるん」のサービス。特筆すべきが東大ベンチャーと共同開発した「ディープラーニングによる解析」。これはカメラに写ったデータから愛犬が写っている映像のみを切り出してスマートフォンに届けてくれる、とても便利な機能です。もちろんリアルタイムのライブ視聴もできるので、いつでもどこでも愛犬の様子を確認することができますよ!

「ペットみるん」
(東京電力エナジーパートナー株式会社)
アプリ利用料1350円(月額・税込)、カメラ事務手数料1080円(税込)、カメラレンタル料540円(月額・税込)

https://www.service.tepco.co.jp/s/smarthome/pet/

【編集室総評】留守番や災害時の対策としてIoTを利用

やむを得ず愛犬だけで留守番させるときにIoT機器やサービスを利用したいという人が多いようです。留守番カメラのニーズも昨年より増加しています。注目は「興味があるペット用IoT機器」の「GPS機能つき首輪」。近年、地震や豪雨などの天災が多いこともあり、飼い主さんの関心が高まっているのかもしれません。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る