1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 予防接種・ワクチン
  5. 【獣医師監修】寒くなっても犬のフィラリア予防薬の服用期間を守りたい理由

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】寒くなっても犬のフィラリア予防薬の服用期間を守りたい理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「肌寒くなってきたし、蚊もいなくなったからフィラリアのお薬はもういいかな?」という自己判断は危険!いぬのきもち相談室の獣医師が、フィラリアの服用期間について解説します。

フィラリア症と予防薬の種類

フィラリア薬の服用期間を守ろう
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

フィラリア症は犬糸状虫が引き起こす病気です。蚊を介してフィラリア幼虫が犬の体内に入ると、皮下や筋肉の中で少しずつ成長して静脈から血管に侵入し、感染から約半年後には肺動脈や心臓に寄生して成虫となり、さまざまな症状が現れます。

フィラリア症は獣医師の指導のもと正しく服用すればほぼ100%予防することができます。予防薬には月に1回予防を行う経口薬、チュアブル、滴下タイプや、半年や1年効果が持続する注射タイプがあり、獣医師と相談の上、愛犬に合ったタイプを選んであげましょう。

時期外れに投薬を行う理由は、刺された直後だと効果がないため

蚊がいなくなってもフィラリア薬を忘れずに!
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

フィラリア予防薬は蚊が目に付くシーズンだけでなく、冬に入る11月や12月にも薬を飲ませることに疑問を持つ方も多いと思います。

フィラリア予防薬は、蚊に刺されないようにする薬でもフィラリアが体内に入らないようにする薬でもなく、蚊に刺された際に犬の体内に入り込んだフィラリアの幼虫を犬の体内で駆除し、寄生・繁殖を予防するためのお薬です。

フィラリア予防薬は皮下にいる間の幼虫には有効ですが、肺動脈や心臓に達してしまった場合は効果を発揮できないことと、蚊から犬の体内に侵入した直後のフィラリア幼虫には予防薬が効かないため、フィラリア幼虫を1カ月ほど犬の体内で成長させる必要があります。

たとえば9月に飲む予防薬は、8月に蚊に刺された際に体内に侵入したフィラリア幼虫に効果があります。寒くなり、蚊に刺されなくなっても予防薬を飲ませる理由は、前の月の感染を予防するための服用だからです。

適切な服用期間は居住地域によって異なるので、獣医師の指示に従ってください。

勝手にフィラリア予防をやめないこと

前月の予防のためにお薬を飲むんだって。
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんが勝手に予防薬をやめてしまうと、前の月に体内に侵入したフィラリア幼虫が成長し、血管内や心臓に寄生して感染を成立させてしまう恐れがあります。寒くなって蚊を見かけなくなっても、決められた期間はフィラリア予防薬を服用して感染しないように気を付けましょう。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

【獣医師が解説】犬のフィラリア症の症状と治療法|ステージ別に解説

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る