1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 食フン・マーキング・食べ過ぎ……犬の生態を知れば解決できる!?

犬と暮らす

UP DATE

食フン・マーキング・食べ過ぎ……犬の生態を知れば解決できる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬をはじめて迎えた飼い主さんは、犬の行動に驚かされることもあるでしょう。しかし、その行動の多くは、犬の生態や本能を理解することで、対応しやすくなるのです! 今回は、飼い主さんのお悩みとしても多い、「食フン」「マーキング」「食欲」について見ていきましょう。

どうして犬は「食フン」してしまうの?

走るよつばちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が食フンをする理由には諸説ありますが、そもそも犬はウンチを汚いと思っておらず、好奇心から食べて楽しんでいるようです。

目の前のウンチで遊んでいるうちに、好奇心で口にしてしまい、試してみたら食べることができたという経験から、食フンが習慣になることも。

ウンチを食べた口であちこちをなめる可能性もあり、衛生面から考えても、食フンを習慣化させないようにすることが大切です。

食フンをさせないためにはどうしたらいいの?

退屈を感じたときにウンチをすると、それで遊んでしまうケースがあるため、散歩や遊びの時間を増やして、犬が退屈を感じる時間を減らしましょう。

また、食後など犬が排泄しやすいタイミングを把握して、その時間になったら目を離さずに確実にウンチを片付けることもポイント。片づける際はおやつなどで気をそらして、その間にサッと片づけるのがおすすめです。

どうして犬は「マーキング」してしまうの?

眠そうなココアちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

マーキングは犬の本能によるものだと考えられていますが、はっきりとした理由はまだ解明されていません。

犬は自分のニオイに囲まれていると安心するので、自分のニオイをつけるという目的のほか、外に自分のニオイを残して、ほかの犬と情報交換をしている可能性もあるようです。

完全にやめさせることは難しい動ですが、できるだけ防げるように対処していきましょう。

マーキングを防ぐにはどうしたらいいの?

愛犬が過ごすエリアを狭くすると、マーキングの習慣化を防ぎやすくなります。特に飼い主さんの目の届かない留守番のときなどは、クレートかサークルで過ごさせるのがベター。

また、ほめるしつけでトイレを教えるのもよいでしょう。トイレでオシッコができたらごほうびにおやつを与えることで、トイレ以外でのマーキングを減らすことができます。

どうして犬は「食欲旺盛」なの?

笑顔のこうめちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は人と違い、満腹になったら食べるのをやめようと考えることは少なく、「食べられるときにたくさん食べて、食べられない事態に備える」という本能があります。そのため、飼い主さんから与えられたら、その分だけ食べてしまうのです。

愛犬に適した食事量を把握し、愛犬に要求されるまま食べ物を与えないようにしましょう。

愛犬の食欲をうまくコントロールするには?

食欲が旺盛な犬の場合は、一回の食事量を減らし、回数を増やすようにしましょう。また、おやつは細かくして与えることで、犬はたくさん食べた気持ちになり満足度がアップします。

一方、愛犬が小食なら、おやつを控えるのがおすすめ。おやつを与えるのをやめると、ご飯を食べる量が増えることがあります。

犬は人とは違う生態をもつ生き物です。犬生態を理解して歩みより、犬の気持ちに沿った対応をすることで、飼い主さんも犬もより快適にすごせるはず。
ぜひ今回ご紹介したことも参考に、愛犬とよりよい関係を築いていってくださいね。

参考/「いぬのきもち」2019年1月号『子犬に必要なしつけとお手入れを紹介!さいしょの一歩』(監修:家庭犬しつけインストラクター 「SKYWAN!DOG SCHOOL」代表 井原亮先生)
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る