1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 愛犬を留守番させがちな飼い主さんがやりがちだけどダメなこと

犬と暮らす

UP DATE

愛犬を留守番させがちな飼い主さんがやりがちだけどダメなこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段お留守番ばかりだからと、休日にいろんなところに連れ回して犬を疲れさせていませんか?犬にも性格があり、お出かけが大好きな子もいれば、苦手な子もいます。この記事では、お外の刺激が苦手な犬に対する飼い主のNG行動をご紹介します。

犬によっては、お出かけがストレスになることも

お出かけ大好き♪
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬と暮らしていると家族や仕事の都合などで、どうしても愛犬をお留守番させなければならないことがあるのは仕方のないことです。

「平日はいつもお留守番ばかりさせているから、次の休みは1日出かけよう!」こんな計画は、飼い主さんとお出かけするのが大好きな犬にとって嬉しいことだと思いませんか?

でも、外の刺激に慣れていない、お出かけが苦手、車酔いをする犬などは、知らない場所や人が多い場所に不安を感じるケースもあります。こういった性格の犬の場合は、平日と休日の落差がつかない穏やかな過ごし方をした方が、犬にとって負担が少なくなることを知っておきましょう。

楽しい刺激がトラブルのもとになることも

雪上ドッグラン、楽しい〜!
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

日々のお留守番によって犬がストレスを抱えていたり、パワーが有り余っていると、公園やドッグランで興奮が高まって、リードを引っ張ったり、他の犬や人に吠える、飛びつく、ケンカになるなど、トラブルのもとになることがあるので注意が必要です。

まずは外の刺激に慣れさせることからはじめよう

お出かけに慣れていない犬や散歩が苦手な犬の場合は、いろいろな物を見て、ニオイを嗅いで、たくさんの犬や人と触れ合うなど、外の刺激に慣れさせることが大切です。

いつもと違うお散歩コースを歩いたり、公園に足を延ばしたり、抱っこやカートでにぎやかな商店街を少し歩くだけでも充分刺激になります。

愛犬とのコミュニケーションを大切にしよう

引っ張りっこで遊び中
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

お留守番ばかりで外の刺激が少ない子を突然あちこち連れ回すことは、犬を疲れさせるだけかもしれません。

無理に外の刺激を与えなくても、休日はお家の中で愛犬とのんびり穏やかに過ごしたり、コミュニケーションをとるのも効果的です。

一緒に遊びながらしつけをしたり、知育おもちゃなど頭を使うゲームで脳を活性化させることもリフレッシュやよい刺激につながります!愛犬の性格に合わせて、休日の過ごし方を工夫してみてはいかがでしょうか?

留守が多い犬の飼い主さんがやりがちなNG行動って?


監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る