1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. お手入れ
  4. シャンプー・お風呂
  5. お風呂は?歯磨きは? 犬のお手入れ、正しい「頻度」とは

犬と暮らす

UP DATE

お風呂は?歯磨きは? 犬のお手入れ、正しい「頻度」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬は大切な家族ですから、お手入れは心を込めて丁寧にしてあげたいですね。
そのためにも、犬のお手入れについて正しい知識をもっておきましょう。
お風呂はどれくらいの頻度?耳のお掃除は?歯磨きは?お手入れの疑問を丸ごと解決します。

耳掃除より耳チェックを

耳がぴょこんと上がるミニチュア・シュナウザー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の耳はとってもデリケートな部位ですから、頻繁に耳掃除をしたり、強くこすったり、あるいは奥の方まで綿棒を差し込んだりしてしまうと、傷付いてしまうことがあります。
その傷がもとで外耳炎になる危険性もあるので、注意が必要です。

ではどうすればいいかというと、普段はじゃれながらさりげなく犬の耳をチェック。汚れやにおいがないか確認して、少し汚れていたら濡らしたガーゼなどでそっと拭いてあげてください。このとき拭くのは、見えている範囲だけ。奥の方まで拭き取る必要はありません。

また、チェック中にべったりとこびりついた汚れや悪臭に気づいたら、すぐに動物病院を受診するようにしましょう。

足は洗いすぎず、優しく拭き取って

お散歩中のチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

散歩から帰るたびに、犬の足を丁寧に洗っていませんか?あまり洗いすぎると、犬の皮膚が乾燥気味になってしまいます。
乾燥した足を犬自身が舐めて、そこから雑菌が入って肉球の間が荒れてしまう場合もありますから、普段の散歩帰りは洗わずに、固く絞ったタオルで足を包むように優しく拭いてください。
洗うのは汚れがひどいときだけで十分でしょう。洗ったら、ドライヤーでよく乾かしてあげることも忘れないでくださいね。

毎食後の歯磨きは必要ない

きれいな歯を見せる柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

歯石がつかないように、ご飯のたびにゴシゴシと歯を磨いてあげるのは、一見良いことのように思えますが、じつはやりすぎなんです。犬の歯を磨くのは、1日1回で十分。
それに、無理に歯ブラシを使う必要もありません。

歯ブラシが苦手な犬の場合は、奥歯を磨かせてくれなかったり、そもそも嫌がって逃げてしまったりしますよね。
そんなときは、薄手のコットン手袋をはめて指先を濡らし、指先で犬の歯の表面をこするように磨いてあげましょう。
犬が嫌がらないタイミング、大人しくしてくれるタイミングなど、犬も飼い主さんもできるだけ負担に感じないときを選んでくださいね。

毎日のお風呂は潤いを奪ってしまう

上目遣いの柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

お風呂が好きで、毎日飼い主さんと一緒に入りたがるような犬もいるようですが、じつは毎日お風呂に入るのは、犬にとってあまり良くありません。
犬の皮膚はとても薄くて繊細です。洗いすぎると必要な潤いまで奪ってしまい、皮膚炎などのトラブルを引き起こす可能性が高まります。

健康な犬の入浴頻度は、2週間に1回程度に留めるのが良いでしょう。普段の汚れは、お風呂ではなくブラッシングで落としてあげてください。

知らずに間違ったお手入れをしてしまっていた、という人もいるのではないでしょうか。
デリケートな犬を守るためにも、正しい頻度でお手入れをしてあげたいですね。ぜひ参考にして、愛犬とのより良いパートナーシップを育んでください♪

参考/「いぬのきもち」2016年8月号『食事、お手入れ、接し方の誤解がスッキリ!そのお世話、じつはしなくていいんです』(監修:ドン・ペット・クリニック院長 重田洋一先生、しつけスクールCan!Do!Pet Dog School代表 日本動物病院協会認定家庭犬しつけインストラクター 西川文二先生)
文/松浦すみえ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る