1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 危険な食べ物
  5. ブロッコリーやチーズは犬にあげてもいい?人間の食べ物を与える際の注意点

犬と暮らす

UP DATE

ブロッコリーやチーズは犬にあげてもいい?人間の食べ物を与える際の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人間の体によい食べ物を愛犬にも与えたい」という飼い主さんへ、犬に与えがちな2つの食べ物を与える際の注意点をご紹介します。

犬に与えがちな食べ物:ブロッコリー

ブロッコリーやチーズは犬にあげてもいい?人間の食べ物を与える際の注意点
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ブロッコリーはビタミンCや食物繊維、葉酸、ビタミンK、Eなどを含む栄養価が高い野菜です。

人間にとって健康的な食材ですが、犬に与えても基本的には問題ありません。与える量の目安は加熱したつぼみ部分を10gです。

ブロッコリーを与える際の注意点

ブロッコリーは頭のつぼみの部分を茹でて食べるのが一般的です。つぼみの部分だけでなく、葉や茎の部分を犬に与えても問題はありませんが、生で与えるととても固く消化不良を起こす可能性があります。

もし茎の部分を与える場合は、硬い皮を厚めに剥いて、十分に茹でて柔らかくなったものを細かく刻んで与えましょう。

与え過ぎや体の弱い犬に与えるのはNG

ブロッコリーやチーズは犬にあげてもいい?人間の食べ物を与える際の注意点
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ブロッコリーには尿結石の原因となるシュウ酸が多く含まれています。結石によって排尿できない状態が続くと、腎臓機能に負担がかかり腎不全を起こす可能性があるので、与え過ぎはNGです。

また、甲状腺系の持病のある犬は、ブロッコリーなどのアブラナ科の食材を与えるのは避けましょう。

犬に与えがちな食べ物:チーズ

ブロッコリーやチーズは犬にあげてもいい?人間の食べ物を与える際の注意点
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

タンパク質やカルシウム、ナトリウムなどが含まれているチーズは栄養価の高い食べ物です。

人間だけでなく、犬の体にとってよい成分もたくさん含まれているので、犬にチーズを与えても問題ありません。与える量の目安は、ご褒美のおやつとして小さじ1程度です。

チーズを与える際の注意点

チーズにはさまざまな種類がありますが、犬に与える際には、脂肪分と塩分が控えめなカッテージチーズやモッツァレラチーズがおすすめです。

スライスチーズやプロセスチーズ、ブルーチーズは、塩分が多く含まれているので与えない方がよいでしょう。

与え過ぎとアレルギーの犬はNG

ブロッコリーやチーズは犬にあげてもいい?人間の食べ物を与える際の注意点
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

チーズを好きな犬は多いようですが、与え過ぎて脂肪分や塩分の過剰摂取にならないようにしましょう。また、牛乳アレルギーのある犬は、乳製品であるチーズに反応する場合があるので注意が必要です!

健康によいといわれる食材も、与え過ぎが病気の原因になることもあります。どちらもおやつ程度にし、バランスのよい食生活を意識して愛犬の健康をサポートしましょう。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

【獣医師監修】犬にブロッコリーは大丈夫?与え方の注意点や適量とは

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る