1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 見落とさないで! いつもと違う愛犬の熱中症初期サインとは?

犬と暮らす

UP DATE

見落とさないで! いつもと違う愛犬の熱中症初期サインとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気温が高くなると気を付けたいのが、犬の「熱中症」です。熱中症は、一度かかるとあっという間に進行して、臓器にダメージを与えるおそれが。まずは予防が肝心ですが、万が一のときは、いち早く気付いて対処してあげることも大切です。今回は、愛犬の熱中症サインに気付くためのポイントをご紹介します。

いつもより高い?熱中症にかかると犬は体温が上昇する

ボール遊びをするトイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は熱中症になると、体温が上昇します。これは、血流量を増やすことで、皮膚からの熱を逃がそうとするためです。

そこで、ふだんから熱を測るなどして、愛犬の平熱を把握しておきましょう。そうすることで、万が一愛犬が熱中症にかかったときに、気づきやすくなります。

なお、個体差はありますが、犬の平熱は小型犬の場合38.6~39.2℃、大型犬は37.5~38.6とされています。一般的に体温が42℃を超えると、多臓器不全に陥る危険性があるといわれているので、早めに気づいて対処してあげましょう。

そのほかの初期症状は?

あくびをするチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

そのほか、熱中症の初期段階に入ると、犬はまず体内の熱を調整するために「ハッハッハッ」という呼吸が多くなります。また、涼しい場所を探して落ち着きがなくなったり、あちこち歩き回ったりすることも。次のような症状が見られたら熱中症のサインかもしれないので、ぜひ覚えておいてください。

こんな症状が見られたら要注意!

  • 「ハッハッハッ」という浅くて速い呼吸が続く
  • 普段よりヨダレの量が多い
  • 落ち着きがなく、うろうろしている など

犬は熱中症かかりやすい動物。上手に対処してあげて

お散歩中のミニチュア・ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

気温や湿度が高い日や時間帯に、熱中症リスクが高まるのはいうまでもありません。また、犬は体温調節が苦手な動物。同じ気温であっても、人の約1.5倍も暑さを感じているといわれているため、エアコンの効いた室内でも、場所によっては熱中症にかかってしまうおそれが。

暑い日はエアコンなどを使って空調管理をするのはもちろん、遮光カーテンで日差しが入らないよう注意してあげるなど、万全の対策を取ることが大切です。

初夏から、熱中症にかかる犬が増え始める時期。いつも以上に愛犬を気にかけ、熱中症の初期サインを見逃さないようにしましょう!

参考/「いぬのきもち」2018年7月号『愛犬が暑い夏を元気に乗り越えるためのヒント満載!データ・図解でわかる熱中症』(監修:東京動物医療センター副院長 南直秀先生)
文/hattori
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る