1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 暑さ対策・熱中症
  5. 【犬の熱中症対策】梅雨から夏場のお散歩時の注意ポイントは?

犬と暮らす

UP DATE

【犬の熱中症対策】梅雨から夏場のお散歩時の注意ポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬のお散歩中や帰宅後に、気になる体調変化はありませんか?犬の熱中症は命に関わる危険があります。暑くなる季節、お散歩の注意点を確認しておきましょう。

犬の熱中症は命の危険がある

みんなで仲良くお散歩♪楽しそうな笑顔!
犬は肉球などの一部分にしか汗腺がなく、人のように上手に汗をかくことができないため体温調節が苦手です。犬の熱中症は真夏でなくても起こるので、気温や湿度の高い日は対策を忘れずに。
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

梅雨や夏は高温多湿になる季節です。犬が口を開けて呼吸する激しいパンティングが続いている、体を触るといつもより熱いといった異変は熱中症の症状の可能性があります。

犬の熱中症は、悪化すると下痢や嘔吐をする、倒れて意識を失う、けいれんを起こすといった命の危険もあるので注意が必要です。

熱中症と感じたらすぐに対処を行うこと

日陰でちょっと一休み
お散歩では、日陰になる場所や休憩できる場所を探しておくとよいでしょう。
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

お散歩中に犬の熱中症と思われる症状に気がついたら、できれば急いで自宅に戻って、エアコンや扇風機で部屋と体を冷やし、新鮮なお水を飲ませましょう。自力でお水を飲まない場合は、誤嚥を起こす可能性があるので無理やり飲ませてはいけません。

自宅から離れている場合は、日陰に移動させて水を飲ませる、体に水をかけて冷やすといった対処方法もありますが、いずれにしても熱中症が疑われる症状がみられたら、必ずかかりつけの動物病院に連絡をして、対処や受診について指示を仰いでください。

愛犬の意識がない場合は、動物病院へ状況を連絡し、すぐに病院に向かいましょう。このとき、移動の間の対応を確認し、濡れタオルで体を冷やす、保冷剤で首や脇の下、内股を冷やすなどの指示があれば従ってください。

迷わず病院に向かい、一刻も早く治療を開始することが重要です。

梅雨から夏のお散歩で注意すること

暑い季節のお散歩は暑さに気を付けて!
お散歩を短いコースや日陰のあるコースにするなど犬に無理をさせないことが大切。夏バテ防止にもなります。愛犬のパンティングが激しいと感じたら、早めにお散歩を切り上げましょう。
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

暑い季節のお散歩では、日差しと暑さを避けて、朝や夜などの涼しい時間帯に行きましょう。

日差しがある場合は、犬の足裏が火傷を起こさない温度かを確認して、こまめに水分補給や休憩をしながらできるだけ日陰を歩くことを心がけます。

クールベストや保冷剤を入れるクールバンダナなどのひんやりグッズもおすすめです。

獣医師から飼い主さんへ伝えたい「熱中症の危険性」

毎年、ヒトと同じように熱中症で命を落とす犬がいます。飼い主さんは「今日は暑いと思わなかった」「犬にも熱中症があるなんて知らなかった」という方も。

暑い季節にその場所で30分や1時間いられるかなど犬の目線で考えてみると、熱中症のリスクを減らせるはずです。
熱中症は異変に気がついたらすぐに対処しましょう。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

涼しい時期でも要注意!全国各地、犬の「熱中症」体験談をご紹介

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る