1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 感染症やストレスにも注意! 犬と赤ちゃん・子どもの暮らしで気を付けたいことは?

犬と暮らす

UP DATE

感染症やストレスにも注意! 犬と赤ちゃん・子どもの暮らしで気を付けたいことは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族が増えると生活環境がガラッと変わるもの。これは人も犬も同じことです。「犬がいる家庭に赤ちゃんが生まれたとき」、「子どものいる家庭で犬を迎えるとき」の2つのケースついて、暮らしの中で気をつけることをご紹介します。

ケース①飼い主に赤ちゃんが産まれた場合

目がまんまる!癒しのトイプーちゃん♪
どんな形でも、新しく家族が増えた場合は、犬がストレスを抱えないように気をつけましょう。
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬と暮らしてきた環境で、ある日、飼い主さんに赤ちゃんが産まれた場合、愛犬は突然のことで戸惑うかもしれません。

犬にとって、産まれたばかりの赤ちゃんは未知の生き物です。犬の性格にもよりますが、今まで自分が一番だった環境に新しいライバルができることで、ストレスを感じる犬も多くいます。

赤ちゃんと犬が一緒にいるときは目を離さない

赤ちゃんと犬との暮らしは、基本的には、それぞれ過ごすスペースを作っておき、飼い主さんが目を離すときは別々に過ごせるようにします。

飼い主さんが一緒のときは、お互いに慣れるためにも、ふれあいの時間を持ったり、一緒にお昼寝をさせてあげてもよいでしょう。

感染症に気を付ける

可愛い♪柴犬のパピー
犬が赤ちゃんと一緒に過ごす際は、たくさん褒めたり、おやつを効果的に使って、一緒にいることが嬉しいことを条件付けできるように工夫してみてください。
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

赤ちゃんは、興味のある物をなんでも口に入れてしまうので、犬の排泄物やトイレに近づかないように気を付けましょう。

犬の尿や便を誤食誤飲してしまう可能性があり、寄生虫感染やウイルス感染の観点からとても危険です。

もし、犬を触った手を口に入れてしまう場合は、赤ちゃんの手の消毒を忘れずに行ってください。

ケース②子どものいるご家庭で犬を迎える場合

お兄ちゃんの真似をしているの?
お子さんには、愛犬のことを兄弟や友達のように感じても、どんなにかわいくても、人ではないこと、犬との関わり方やお世話の仕方を必ず教えてあげてください。家族間で決めたルールや意識を共有してから犬を迎えるようにしましょう。
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

子どものいるご家庭で犬を迎える場合、心待ちにしていた犬との出会いに、かわいがりたい一心で、人と同じように接するお子さんも多いかもしれません。

子どもが興奮した犬に噛まれる事故もあります。犬の扱い方や犬が喜ぶこと、苦手とすることを繰り返しお子さんに話してあげてください。

また、犬は人間より弱い生き物であることを子どもが理解していない場合、犬の扱い方によっては、犬が骨折などの大けがをすることもあります。

また、新しく来たばかりの犬は、しつこくされると大きなストレスになるので、トラブルの原因にならないように注意しましょう。

人も犬も、お互いに環境に慣れるのには時間がかかります。焦らずゆとりをもって接するように心がけましょう。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

家族が増えるときも要注意!? 【犬がストレスを感じやすい状況】

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る