1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 「目」のしぐさから分かる”いぬのきもち” 嬉しい・寂しい・不安な「目」のしぐさとは

犬と暮らす

UP DATE

「目」のしぐさから分かる”いぬのきもち” 嬉しい・寂しい・不安な「目」のしぐさとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の気持ちを知りたいと思う飼い主さんも多いはず。そんなときは、犬のしぐさに注目してみましょう。この記事では、犬がよく見せる「目」のしぐさを「うれしい」「寂しい」「不安」の3つの気持ちに分けて紹介します。

うれしい気持ちのとき

たんぽぽの野原とコーギー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

目を細めて耳を寝かせる

「安心するな」「うれしいな」という気持ちのとき、犬は目を細めて耳を寝かせます。大好きな飼い主さんが目の前にいたり、頭をなでられたりすると、することが多いしぐさです。体もリラックスした状態で、耳と耳の間は広がって見えます。

口元をゆるめて目がキラキラ

飼い主さんと一緒にいたり、遊んだりしていると、犬が口元をゆるめて目を輝かせていることがあります。これは、「楽しい!」「うれしい!」「大好き♡」といった幸せな気持ちのときにするしぐさ。顔や体はリラックスした状態で、舌を出していることも。

口を軽く閉じて目がキラキラ

口を軽く閉じて目を輝かせるのは、「ワクワク!」「期待しちゃう♡」「早く早く!」と期待感が高まっているとき。飼い主さんがゴハンの準備をしたり、おもちゃを持ったりすると目がキラキラとし、耳もそちらに向けます。

寂しい気持ちのとき

青いマットの上にいる柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

上目づかい

留守番したり、かまってもらえなかったりすると、「寂しいな」「かまって」「つまらないな」という気持ちになります。そんなマイナス感情のとき、犬は上目づかいをします。伏せてあごを床につけている場合も。

不安な気持ちのとき

2匹のダックス
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

横目で見る

犬が白目を出して横目で物を見ていることがあります。これは、「ちょっと怖い」「緊張する......」「誰だ? 何だ?」と不安や緊張を感じているときのしぐさです。目以外にも、耳は後ろを向き、体や口元は緊張でややこわばっていることも。

まばたき

「落ち着かなきゃ」「気にしないぞ」と不安や緊張を感じているとき、犬はまばたきをします。これは、気持ちを鎮めるためのしぐさです。ほかには目に痛みや違和感があって、まばたきが増えているケースも。

目をそむける

犬が目をそむけたり、顔をそむけたりするときは、「かまわないで」と相手に不安や恐怖を感じているサイン。また顔や背中ごとそむけるのなら、「あなたに興味ないです」という気持ちを表しています。

目を泳がせる

笑顔に見えても、目を泳がせて口を開いているのなら、「困惑する」「ちょっと不安」「どうしよう」と不安な気持ちになっています。また、自分を困惑させる相手に「落ち着いて」となだめるために行っている場合も。

目がキョロキョロ

「怖いな」「不安だな」「何か起きそう......」と不安を感じると、目をキョロキョロさせて、耳を動かします。そうすることで、周囲の情報を集めているのです。体や口元は緊張からややこわばり、足には力が入っていることも。

犬の性格やそのときの状況などによっては、ここで紹介しているものと違う感情をいだくことがあります。犬のしぐさには、気持ちを知るヒントがたくさん隠されています。愛犬のよく見せるしぐさ、そのときの状況にも注目してみましょう。

参考/「いぬのきもち」2020年6月号『360度いぬのこと大調査!第3章 早見表にしました! きもちが分かる!いぬのしぐさ35』(監修:英国APDT認定ペットドッグトレーナー 獣医師 藤本聖香先生)
文/pinoco
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る