1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. グッズ
  4. ケージ
  5. 【専門家監修】犬用サークルの選び方・使い方  ケージとの違いも

犬と暮らす

UP DATE

【専門家監修】犬用サークルの選び方・使い方  ケージとの違いも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の住環境に必要なグッズの一つ「サークル」。今回は、サークルとは? という基本から、ケージ(ゲージ)との違い、使い方・設置方法を解説。専門家に聞いたおすすめ商品の選び方や愛犬が安全・快適に留守番できるサークルの活用法もあわせてご紹介します。

この記事の監修

戸田 美由紀 先生

 家庭犬しつけ専門ドッグトレーナー
 「DOG IN TOTAL」代表

 埼玉県全域、近隣都県へ出張して個別レッスンを行う。
 行政主宰の犬のしつけ教室講師や遠方の方には有料電話相談などを行っている。
 「いぬのきもち」ほかメディアでの記事監修・執筆も。

●資格:日本動物病院協会認定家庭犬しつけインストラクター/ジャパンケネルクラブ公認訓練士/日本警察犬協会公認訓練士/さいたま市動物愛護推進委員

●書籍:『ほめてイイコに!犬のしつけ&ハッピートレーニング』西東社 監修/『新版 子犬の育て方完璧宣言!』誠文堂新光社 共著

続きを読む

サークルとは?ケージ(ゲージ)との違いは?

窓辺でふせるウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアのダリアちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

サークルやケージ(ゲージ)は、どちらも犬の住環境にかかわるペット用品です。商品として両者の定義はあいまいな部分ですが、戸田先生は、家庭での犬の環境として、ケージ(ゲージ)とサークルを以下のように区別しているそうです。

サークルとは

「サークル」は、室内である程度のスペースを確保するために使う囲み用の柵を指し、一定の場所に設置して使用します。
さまざまな商品タイプがあり、屋根があるタイプや屋根をあとからつけ足して設置できるものもあります。そのほか、つなげて広げられるタイプの商品もあり、「ジョイントサークル」などといわれることも。また、なかには商品名に「ケージ(ゲージ)」と表記されている場合もあります。

ケージ(ゲージ)とは

柵で上下左右を囲われていて、折りたたみできるものが「ケージ(ゲージ)」と呼ばれることが多いです。おもに一時的な犬の預かりや、移動の際に使用します。
室内の犬の居場所(ハウス)としては、「クレート」と呼ばれるキャリーケースがおすすめですが、すでに愛犬がケージ(ゲージ)に慣れているならハウスとして使ってもいいでしょう。ただし、ケージ(ゲージ)はクレートと違い周囲が丸見えになってしまいますので、布などをかけてある程度まわりの刺激を遮ってあげたほうが、犬が落ち着くかもしれません。

サークルの使い方

ふかふかの布団に座るパピヨンのはるとくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

サークルは、おもに室内で犬の安全を確保するために、犬の行動範囲を一定の場所に囲うときに使用します。
連結や増設が可能な製品であれば、生活スタイルの変化に合わせて広さやレイアウトを変更できるほか、遊び場所などを作る際のフレキシブルな囲いとして使用することも可能です。

サークルの選び方

お座りしてこちらを見つめるフレンチ・ブルドッグのげんくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ここでは、前章の使い方に適したサークルの選び方について、戸田先生にお伺いしました。

※商品によっては、品名に「ケージ(ゲージ)」と表記されている場合があります。
※以下でご紹介するポイントは室内のスペースを区切ることを目的としているため、移動を目的とする用途には適していませんので、予めご了承ください。

サイズ:ある程度の広さを確保できるもの


サイズを選ぶ際は、ハウスとトイレを離して置ける程度の広さがあるかをチェックしましょう。小型犬であるトイ・プードルの場合でも、180×60cm程度のスペースが必要と考えています。また、環境によっては部屋の角にL字状に設置して、一方にトイレ・もう一方にハウスを置く方法もあります。
ちなみに、拡張性のあるタイプだと、犬の成長や生活の変化にあわせてスペースを広げたり、形を変えたりできますので何かと便利ですよ。
以下の記事では愛犬にピッタリサイズのサークルの選び方を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

高さ:屋根があるか、ある程度の高さがあるもの

犬がジャンプをしてサークルの外に飛び出したり、柵の間に挟まったりする事故も実際に起こっているため、安全面からは「屋根あり」タイプがおすすめです。屋根があることで犬がジャンプをするのを防ぎ、事故のリスクを軽減することができます。
「屋根あり」のものがない場合は、犬が飛び越えられない高さのある商品を選び、ジャンプをさせないことが大切です。

床:トレーはなくてよい


サークルの床には防水のフロアマットを敷くことをすすめているため、床トレーはなくても問題ありません。床部分がなく柵が囲い状になっているサークルを、それよりちょっと大きめのフロアマットの上に置いて使うのがよいでしょう。
フロアマットはある程度の厚みがあり、オシッコがかかっても掃除しやすいよう、なるべく継ぎ目のないものを選びましょう。タイル状の場合、継ぎ目からオシッコが床にしみ出してしまうことがあるので注意してください。ホームセンターなどで切売りしているものは、サークルや部屋のサイズに合わせられて便利です。


レジャーシートやブルーシートはガサガサ音がするので犬が遊んでしまいやすく、破けやすいのであまりおすすめできません。
また、トレー付きの商品を使用する場合は、トレーと柵の間に犬が足を挟む危険がないか、事前によく確認しましょう。

全体:重量感があり、しっかりしたもの

サークルはある程度の重量感があり、しっかりしたものを選びましょう。中から犬が押したときに動く可能性もありますので、倒れないよう安定性があるかをよく確認してください。不安な場合は、ブロックやレンガなどでサークルを固定するとよいでしょう。

設置する際の注意点

こちらを見つめるトイ・プードルのルーキーくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が安全・快適に過ごせるように、サークルを設置するときは以下のことに注意しましょう。

置き場所

転倒や落下の危険がある家具を避ける

災害時に倒れる危険のある家具の近くは避けましょう。また、上に絵や写真の額などを飾るのも、落下の危険があるのでNGです。

温度変化の少ない場所を選ぶ

西日が直接あたったり、冷暖房が直接あたるような場所は避けましょう。また、床暖房がある場合は、暑くなったときに避難できるスペースを作るようにしてください。

刺激の少ない場所を選ぶ

窓際や玄関先など外からの刺激が多い場所は、犬が落ち着かないので避けましょう。そういった場所に設置せざるを得ない場合は、見える位置の窓にフィルムを張るなど工夫が必要です。

サークル内のレイアウト

ハウスとトイレを離して置く

ハウスとトイレの間には、犬がゴロンと横になれる程度のスペースがあるのが望ましいです。トイレトレーニング用のスペースがあらかじめ区切られている商品の場合は、十分な広さを確保できるか事前に確認しましょう。

接続部分の事故に注意

サークルを拡張する場合は、接続部分に犬が挟まらないよう注意しましょう。また、接続部分をかじられないよう、結束バンドの場合は短く切る、金具には苦みスプレーをかけるなどの対策をしてください。

安全・快適に留守番するためのサークル活用法

ふかふかベッドで眠るチワワのそらくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ふだんの犬の住環境として、戸田先生はサークル内にハウスとなるクレートと、トイレトレーを離して置く「庭付き一戸建て」スタイルをおすすめしています。このスタイルは、そのまま留守番をするときの犬の居場所としても有効ですので、ふだんの住環境を大きく変えることなく、愛犬を安全・快適に留守番させることができますよ。

サークルは、犬の安全を守るために欠かせないグッズです。上手に活用して、快適な住環境を作ってあげたいですね。

参考/「いぬのきもち」2017年11月号『犬が快適に過ごせる!しつけがしやすい!愛犬にピッタリ♪なGOODSの選び方』
監修/戸田美由紀先生(家庭犬しつけ専門ドッグトレーナー)
文/terasato
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る