1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. いぬのきもち相談室
  5. 「犬が冬太りする」ってホント?冬に太りやすい犬の対策法

犬と暮らす

UP DATE

「犬が冬太りする」ってホント?冬に太りやすい犬の対策法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬になると太りやすくなる犬がいるようです。
「どうして冬太りするのか」「冬太りを防ぐための対策は?」
いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

栄養と消費カロリーのバランスで犬が冬太りしやすくなる

犬が冬太りするってホント?冬に太りやすい犬の対策 いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

冬に限らず、生き物が太ったり痩せたりすることは、摂取している栄養量に対して消費カロリーのバランスが取れているかによって影響を受けます。

接種している栄養量が変わらないのに消費カロリーが少なくなると、余った分の栄養は脂肪などの形で身体に貯蔵されて太る状態になります。

もし冬に愛犬の体重が増えるとすれば、夏よりも犬の消費カロリーが少ない可能性が考えられるでしょう。

活動量と運動量が減ると犬が太りやすくなる

犬が冬太りするってホント?冬に太りやすい犬の対策 いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が生活の中で消費するカロリーは、呼吸や胃腸の運動・体温の維持など命を維持するために体が無意識に行う活動と、お散歩など犬が自分で動く運動などによって消費されています。

例えば、寒冷地などの寒い環境で体温を維持し続ける必要がある場合は、体が無意識に行う活動によって消費されるカロリーが増えることがありますが、室内の安定した環境で過ごす場合は、年間を通じて大幅に消費カロリーが変わることはありません。

このことからも、犬が冬太りしやすいのは、暖かい部屋でのんびり過ごすことが増えるなど、夏に比べると活動量やお散歩などの運動量が減っているからだと考えられます。

愛犬が冬太りしないためにできること

犬が冬太りするってホント?冬に太りやすい犬の対策 いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

冬に限らず、体重が過剰に増えれば犬の足腰に負担がかかりやすくなります。季節を問わず、愛犬の体格に見合った体重を維持することが大切です。

運動を増やす

愛犬の運動量が冬の間に落ちすぎないように、天気がよい日には長めのお散歩に行ったり、天気が悪くてお散歩に行けないときは、お散歩と同じくらいの時間をかけて室内で一緒に遊ぶことなどを心がけましょう。

ゴハンの量を調整する

冬の間の運動量が少ないようであれば、体重を確認しながら食事の量をいつもの7割~9割程度に減らすなど、犬の活動量にあわせて調整してみるとよいでしょう。

寒さで犬の活動量や運動量が減ると、栄養と消費カロリーのバランスが変わるため冬太りしやすくなります。

愛犬の健康管理を!


犬が丸まって寝てばかり、あまり動かないという場合は、ゴハンを減らしたりお散歩を多めにするなどの対策で愛犬の冬太りを予防しましょう!

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る