1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 皮膚病
  5. 犬がかゆがる原因は? 病気かどうか見分けるポイントとは

犬と暮らす

UP DATE

犬がかゆがる原因は? 病気かどうか見分けるポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬が後ろ足で体をかいたり、柱や床に体をこすりつけたりする「かゆがるしぐさ」は、日常的に見られるものです。しかし、このかゆがるしぐさには、「かゆい」以外の理由が秘められていることも。

今回は、犬がかゆがるしぐさを見せる原因と、病気かどうか見分けるポイントを解説します。

犬が体をかく理由は、「かゆい」だけじゃない!

トイ・プードルのてんちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬がかゆがるしぐさを見せるときは、以下のような理由が考えられます。

犬がかゆがるしぐさをする理由

  • 異物や汚れなどで、体の表面に違和感を覚えている
  • 皮膚病などの病気にかかっている
  • 欲求不満や緊張、不安などを感じ、自分の気持ちを落ち着かせようとしている
  • ほかの犬に対して「敵意はない」とアピールしている
  • 飼い主さんに対して「かまって」とアピールしている
  • 眠いときや退屈なときの習慣 など

体の表面に違和感を覚えて体をかくのは、日常的によく見かける光景ですが、かゆがるしぐさが続く場合は、皮膚炎などの病気の疑いも。動物病院へ行くかどうか迷った場合は、次のポイントをチェックしてみましょう。

愛犬のかゆがるしぐさ、動物病院へ行ったほうがいい?

チワワのプラムちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬のかゆがるしぐさが「心配のないもの」なのか見分けるときは、かいている部分に脱毛や腫れ、炎症が起きていないかチェックすることがポイント。いつも同じ部分をかいている場合は、まずはその部分の炎症を疑うことも大切です。

また、何度も繰り返しかいている場合も注意が必要です。声をかけて一度中断させても、再びかき始めたり、食事や遊びなど、ふだんは夢中になるはずの時間でも突然かきだしたりするようなら、病気のおそれがあります。

これらの特徴にひとつでも当てはまるようなら、必ず動物病院で相談してください。なお、犬がかゆがるしぐさを見せるときは、次のような病気が疑われます。

「かゆみ」から考えられる犬の病気とは?

柴犬のくぅちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の体に「かゆみ」が起こる病気として、まず考えられるのは皮膚病です。

かゆみを伴う犬の皮膚病

  • 特定の菌が原因で発症する「マラセチア皮膚炎」「膿皮症(のうひしょう)」
  • 食べ物やノミの唾液などのアレルゲンに反応して起こる「アレルギー性皮膚炎」
  • 寄生虫やダニが原因で起こる「疥癬(かいせん)」「毛包虫症(もうほうちゅうしょう)」など

そのほか、外耳炎や結膜炎、肛門周辺のトラブルなどを患うと、特定の部位にかゆみなどが出る場合も。また、脳や神経、免疫の異常からくる病気が原因でかゆみを感じることがあるほか、体に異常はなくても、ストレスで体をかき続けることもあるようです。

「よくあるしぐさだから」と見過ごしてしまうと、愛犬の病気や体調不良の発見が遅くなってしまうおそれが。日ごろから愛犬の様子を観察し、小さな異変でも気がつけるようにしていきたいですね。

参考/「いぬのきもち」2017年4月号『病気?ストレス?それともアピール? 犬のかゆがるしぐさの理由』(監修:東京大学附属動物医療センター行動診療科特任助教 ACプラザ刈谷動物病院獣医師 獣医行動診療科認定医 荒田明香先生)
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る