1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 病気の兆候
  5. 犬の「舌の色」を見てできる健康状態チェック 不調のサインを獣医師が解説

犬と暮らす

UP DATE

犬の「舌の色」を見てできる健康状態チェック 不調のサインを獣医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬の舌をふだんから見る機会がありますか? 舌の色や状態をチェックすることで、異変のサインにも気づくことができるのだそうです。今回、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

犬の健康な舌の色

舌を見せる柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——健康な状態の犬の舌には、どのような特徴がありますか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「健康な犬の舌は、きれいなピンク色で湿っています。ただ、舌の色には個体差があるので、自分の犬の舌の色などを日頃から観察しておくと、異変があったときに違いがわかります。

また、チャウ・チャウなどのように青い舌を持つ犬や、舌斑と呼ばれる部分的に青・紫・黒色のシミがある犬もいますが、これは健康上問題ありません」

舌の状態を見て気づける! 犬の不調のサイン

見つめるジャック・ラッセル・テリア
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——犬の舌の状態を見て、何か不調のサインだと気づけることもありますか?

獣医師:
「そうですね。気づける場合もあります。いくつか事例を紹介します」

①舌が赤い、赤くただれている、盛り上がっている部分がある

獣医師:
「舌が赤かったり、ただれていたり、盛り上がっているような場合は、炎症を起こしている状態で、舌炎の可能性があります。さらに盛り上がっている部分がある場合は、腫瘍や膿瘍の可能性もあります」

②舌が紫色

獣医師:
「舌が紫色の場合は、血液中の酸素が不足するチアノーゼを起こしている状態です。命の危険もあるため、すぐに受診が必要です」

③舌が白くなっている

獣医師:
「舌が白い場合には、貧血や低血糖を起こしている状態です。この場合も、すぐにかかりつけ医に相談したり、動物病院を受診しましょう」

④舌に腫瘍がある

獣医師:
舌の一部が黒くなっているなど見た目がいつもと違ったり、舌の動きがおかしいなど、“いつもの舌と違う”ということで、腫瘍を発見できます。気づいたら速やかに動物病院を受診しましょう」

飼い主さんができる愛犬の舌の健康チェック

抱っこされるトイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——飼い主さんが日頃からできる舌の健康チェックのポイントについて教えてください。

獣医師:
「できれば毎日の歯磨きを習慣にし、そのときに舌の色・湿っているかどうか・形・動きなどを観察するのがベストですが、遊んでいるときなどに観察してもよいでしょう。

子犬のときから口を開けることに慣れさせておくと、スムーズに口腔内のチェックができるのでおすすめです」

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る