1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 犬も「反省」をするの?獣医師に聞いてみました!

犬と暮らす

UP DATE

犬も「反省」をするの?獣医師に聞いてみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬を注意したあとに、愛犬のしぐさがまるで「反省」しているかのように見えたことはありませんか?
はたして犬は人と同じように「反省」するものなのでしょうか。いぬのきもち獣医師相談室の先生に聞いてみました。

「犬が反省していそう」なしぐさって、どんなもの?

小型犬の虹郎ちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――「犬が反省しているように見える」しぐさには、どのようなものがありますか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下獣医師):
「隠れる、顔をそむける、目線を下げる、フセをする、おなかを見せる、飼い主さんの手や足をそっとなめてくる、などがあげられます。
飼い主さんのすぐそばで、こういったしぐさをする場合もありますが、少し離れたところでこれらのしぐさを見せることも多いでしょう」

犬は「反省」をするの?

散歩中のハスキー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――犬には人と同じような「反省」という気持ちはあるのでしょうか?また、叱られたとき、犬は反省をしているのでしょうか?

獣医師:
「反省しているかどうかについては微妙なところですが、怒っている飼い主さんを前に、困って戸惑ってはいるものと思います。
飼い主さんが愛犬に対して怒っているとき、『飼い主が苛立っている様子』であることは、もちろん愛犬も理解しているでしょう。

ただその理解は、人でいうところの『反省』というよりも、飼い主さんが苛立ってしまっているその困った状況を、どうにか穏やかにやりすごしたい気持ちでいると考えられます。
そのため、愛犬なりに思いつく限りの方法で、飼い主さんに気持ちを落ち着けてもらい、穏やかな気持ちに戻ってもらおうとするでしょう」

具体的にどんな行動をするの?

獣医師:
「例えば、怒っている相手を刺激しないようフセてじっとしていたり、おなかを見せて『逆らう気持ちはありません』とアピールをしたりすることもあるでしょう。
また、怒っている相手から、静かに離れて距離をとろうとする、上目づかいで怒っている飼い主さんの様子をうかがう、飼い主さんの手や足をそっとなめて気持ちをなだめようとする、などの行動も見られます。

なお、犬が誤ってしてしまったことや、やんちゃにしてしまういたずらについてしつけをする際に、叱って反省を促しても犬の本来の気質からは受け入れにくく、人の意図が伝わりにくいことも多いです」

犬に「反省」は求めず、ほめて伸ばしていきましょう

小型犬のとらちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

獣医師:
「犬を叱って、反省を促しているつもりになっているのは、もしかしたら人のほうだけかもしれません。
反省しているように見える愛犬は、怒っている飼い主さんにただ戸惑い、怖がったり、困ったりしているだけの状況なのかもしれません。

愛犬にしつけをする際には、してほしいことは『たくさん褒めて、その行動を促す』といった対応を。
また、されて困ることについては『まずは、その困る行動をしにくい生活環境にする』『してはいけないことをしたら、“ダメ”“イケナイ”など短い言葉で一言だけきちんと叱り、その後は愛犬を1匹だけにして飼い主さんはその場を離れ、クールダウンの時間をもつ』といった方法を基本の対応として実施しましょう。

愛犬にとって、よりわかりやすいやり方で接してあげるといいですよ」

犬が人と同じ意味での「反省」をするかどうかは、はっきりとは分かっていません。
しかし、飼い主さんの気持ちを察して、それにアクションを起こすことはあるようです。愛犬といい関係を続けていくためにも、先生のアドバイスも参考にしてみてくださいね。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
取材・文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る