1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 犬の好き・嫌いな音ランキング 傾向を知ってストレスフリーな生活を!

犬と暮らす

UP DATE

犬の好き・嫌いな音ランキング 傾向を知ってストレスフリーな生活を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の好きな音と嫌いな音の傾向がわかれば、愛犬のストレス軽減にもつながるので、理解しておくといいでしょう。そこで今回は、雑誌「いぬのきもち」読者アンケート(※)をもとにつくった、犬の好きな音と嫌いな音ランキングをご紹介します。

※「いぬのきもち作り隊」の読者へのアンケート 回答者数220人(2020年12月~2021年1月実施)

そもそも犬はどうやって「好き・嫌い」を決めているの?

散歩中の柴犬椋
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬によって比率は異なりますが、犬が好き・嫌いを決めるときは、2つの理由があります。

(1)先天的要因(生まれつきの好き・嫌い)

犬という生態的な傾向のほか、親犬から受け継いだ遺伝子の傾向によるものなど、生まれつきもつ好き・嫌いのこと。この場合、慣れなどによって緩和されることもあります。

(2)後天的要因(あとから覚えた好き・嫌い)

経験により学習した好き・嫌い。年齢を重ねていくうちに好みが変化していくのはこのためです。嫌な記憶と結びつくことで、トラウマのようになりストレスに感じることも。

犬が好き・嫌いを決める理由がわかったところで、さっそく犬の好き・嫌いな音ランキングを見ていきましょう。

犬の好きな音ランキングTOP5

首飾りをつけたチワワりん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

1位 ピアノ系の音楽
2位 オルゴール系の音楽
3位 車の音
4位 チャイムの音
5位 ポップス系の音楽

落ち着ける周波数を含む音を好む傾向に

今回のアンケート調査によると、犬はピアノなどの落ち着いた音を好む傾向にあるようです。

ちなみに、クラシックやレゲエを好み、ヘビメタは苦手に感じるという研究結果があるほか、人が癒やしを感じる周波数528ヘルツが含まれる音は、犬も落ち着きやすいという説もあります。

なお、車の音が好きという犬は、家族の帰宅を予感させたり、ドライブが大好きだったりするなど、その音がいい思い出と結びついているのでしょう。

犬の嫌いな音ランキングTOP5

チワワ2匹がならんでいる
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

1位 チャイムの音
2位 雷の音
3位 バイクの音
4位 花火の音
5位 車の音

正体のわからない突発的な音が苦手

突然鳴る雷などの大きな音は、警戒心をあおってしまうため、犬が苦手に感じる傾向があります。また、車の音のなかでも救急車のサイレンを苦手とする場合は、家族が倒れて運ばれたことがあるなど、音が嫌な記憶と結びついている可能性も。

犬の嫌いな音対策としては、クレートなど、愛犬が安心して過ごせる場所を用意してあげるのがおすすめです。クレートがあれば嫌いな音が鳴ったときにも逃げ込めますし、音がするだけで嫌なことがわからないと学習すれば、その音に対する苦手意識が薄まることもあります。

チャイム音は慣れている犬も多い?

なお、1位のチャイムの音は「好きな音」でも4位に入っているので、慣れている犬も多いのかもしれません。

もし愛犬がチャイムの音を嫌がっている場合は、光るタイプのチャイムに交換したり、携帯電話に転送したりするなど、チャイムをなるべく鳴らさない工夫をしてあげましょう。

日々の暮らしのなかで犬の「好き」を増やし、「嫌い」を減らしてあげることは、ストレスを取り除く手助けになります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2021年5月号『音・場所・時間……スキを増やして、キライを減らせば犬はストレスなく生きられる! スキ・キライがわかれば、愛犬はストレスフリーになる!』(監修:東京農業大学の王学部動物科学科(動物行動学研究室)教授 増田宏司先生)
文/hare
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
※掲載しているランキングは「いぬのきもち作り隊」の読者へのアンケート( 回答者数220人・2020年12月~2021年1月実施)を集計して作成しています。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る