1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 暑さがシニア犬に与える負担とは 愛犬が暑い季節を元気に乗り越えるためにできること

犬と暮らす

UP DATE

暑さがシニア犬に与える負担とは 愛犬が暑い季節を元気に乗り越えるためにできること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シニア犬と暮らしていると、愛犬への暑さによるダメージや夏バテ、体調不良を心配する飼い主さんも多いようです。

では、暑さはシニア犬にどんな負担がかかるのでしょうか? シニア犬と暮らす暑い季節の過ごし方について、いぬのきもち獣医師相談室の先生に聞きました。

体の調節機能が衰えると暑さ寒さに弱くなる

夏から残暑まで元気に乗り越えよう!暑い季節のシニア犬との暮らし方 いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――シニア犬にとって暑さはどんな影響がありますか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
犬は年を取ると寒さだけでなく暑さにも弱くなります。暑さに対しては、体を潤したり冷やす力が弱くなることで、知らぬ間に熱中症を起こしやすくなるため注意が必要です。」

できるだけ無理をさせないこと

夏から残暑まで元気に乗り越えよう!暑い季節のシニア犬との暮らし方 いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――シニア犬にとって、夏のダメージを最小限にするための対策や方法はありますか?

獣医師:

「生活リズムが変わるかもしれませんが、夏用の生活にしてみるのもおすすめです。

朝に食欲がなければ腸の負担を減らしてお腹を休めたり、夜に寝られない場合はお昼寝の時間を多くするなど、なるべく体に無理をさせないようにしましょう。

室内を涼しく温度管理しながら、布団や洋服で暖まるようにしてもよいです。」

食欲が落ちたり水を飲まないときは工夫をする

夏から残暑まで元気に乗り越えよう!暑い季節のシニア犬との暮らし方 いぬのきもち
獣医師:「夏に食欲が落ちるのは自然なことですが、あまりにも食べないと体力を失うのである程度は食べて欲しいですね。食事はできるだけ新しいものを与えましょう。」
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――シニア犬の食欲が落ちたり水を飲まない場合のおすすめの工夫はありますか?

獣医師:
「お腹の負担を減らすために、フードをふやかして与えると水分も自然に摂取できます。

水だけを飲まない場合は、ウェットタイプの食事を少し薄めて与えるのもOKです。普段あまり水を飲まない場合は、一度にたくさん与えずに、一日に数回に分けて飲ませるタイミングを作ってあげると負担が減ると思います。

犬の体質によっては、胃もたれを起こしやすい、体に吸収しにくいといった理由から、犬自身が食べる・飲むといった行動を自然に避けている可能性もあります。

食事や水分の与え方で困った場合は動物病院に相談しましょう。」

獣医師によれば、「持病がある犬の場合は、飼い主さんのケアだけではどうにもならないこともあるので、受診の頻度をこまめにすることも夏を乗り切りやすくするポイント」とのことです。

シニア犬と暮らしで、気になることは動物病院で相談することが大切ですね。

監修:いぬのきもち獣医師相談室 担当獣医師
取材・文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る