1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 健康管理・健康診断
  5. 犬が冬にかかりやすい病気の症状と予防法 室内の温度と湿度の管理がポイント!

犬と暮らす

UP DATE

犬が冬にかかりやすい病気の症状と予防法 室内の温度と湿度の管理がポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬の健康管理はどの季節でも大切ですが、寒くなる冬は冷えや乾燥から起こりやすくなる病気に注意しましょう。

犬が冬にかかりやすい病気の症状と予防法について、いぬのきもち獣医師相談室の獣医師が解説します。

犬が冬にかかりやすい病気①泌尿器系の病気

犬が冬にかかりやすい病気の症状と予防法 室内の温度と湿度の管理がポイント! いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

寒くなり犬の飲水量が減りがちになることで、尿路感染症・膀胱炎・結石症などにかかりやすくなります。

特に、以前これらの病気にかかったことがある場合は再びかかりやすくなるので、愛犬の飲水量や尿のチェックは頻繁に行いましょう。

症状としては、頻尿・血尿・尿が出にくい・残尿感・嘔吐などがみられ、ひどくなると元気や食欲がなくなってきます。

犬が冬にかかりやすい病気②関節疾患

犬が冬にかかりやすい病気の症状と予防法 室内の温度と湿度の管理がポイント! いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

寒くなると運動不足になり、関節や筋肉の血流が滞りやすくなり、筋肉もこわばりやすくなります。こういった状態で急に運動することなども引き金となって、関節炎を起こすことがあります。

症状としては、歩くのを嫌がる、足などを触られるのを嫌がる、破行(足を引きずる)などがみられます。

犬が冬にかかりやすい病気③呼吸器疾患

犬が冬にかかりやすい病気の症状と予防法 室内の温度と湿度の管理がポイント! いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

冬になると空気が乾燥して気温も下がるため、鼻やのどの粘膜が刺激を受けることで、咳・鼻水などの症状がみられやすくなります。

また、ウイルスが活発になるため子犬がかかりやすいケンネルコフにも注意が必要です。

冬にかかりやすい病気から愛犬を守るために

犬が冬にかかりやすい病気の症状と予防法 室内の温度と湿度の管理がポイント! いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

寒い季節に愛犬の体調不良を予防するためには、まず室内の温度と湿度の管理を心がけましょう。特に愛犬が過ごすお部屋が乾燥しないように注意してください。

また、愛犬に普段と違う様子がないか、健康な状態であるときから、日々観察しておくことが大切です。

冬にかかりやすい病気にならないように、飼い主さんができる範囲で気をつけてあげましょう。

監修:いぬのきもち獣医師相談室 担当獣医師
取材・文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る